ライフスタイル

全ては、ぐるっとひとまわり

昭和30年生まれ   未年の私

 

 

苦労はしません      たぶん   ….   きっと …

いや   ひょっとしたら

労は、良いけど

苦は、嫌いなんだろうナ

 

そもそも、いつも「どうすればうまく活く」と考えるから

「うまく活かせたい!」と考えるから

「うまく活かない」は、無いワ

と、考えていたいから😜

 

 

今は、海を眺めているので

余計そんなコト考えているんだろーーーナ

私の育った瀬戸内とは違う、和歌山県みなべの海の音

完全なる外海の音とは違いますが

寄せ返す波の音を聞いていると

心穏やかになります。

 

 

世の中のコトには、あまり興味が無くて

目の前のコトには、真剣です。

子供のころから、変わりません。

むしろ、年齢を重ねたので、余計にそうなのだと思います。

 

 

今に、精一杯なのですなのです😜

というよりも

「今を迎えていたい」と考えています。

どうせなら、精一杯に迎えていたいのでしょうネ

そして、それが見え始めると

別の脳みそが「次のうまく活く」

を考え始めるのです😜

 

 

60歳還暦を迎えた頃から

暦をぐるっとひとまわりしたので
次のもうひとまわりは

「御礼」の人生だと思い、特に「今あるコト」を大切に

生きようと考えて、動いています。

 

それでも、自営業者として「対価」をいただき続けます。

それは「経済」のそもそもを考えるから

「ファイナンス」を学び、伝える私自身が

私自身の価値を低める行為は

志を同じくするお仲間への失礼と信じて

私自身を磨き、私自身の価値を高め続けて活きています。

 

 

 

ここ数年は、アラン秀俊さんと別々か、それとも一緒にかを
常々考えながらの日々です。

同士には、少し遠く

仲間とは言えず

同じ年代の方々の、夫婦とは明らかに違う私達二人の関係です。

 

よくいただく質問に「拠点はどこですか?」

答えは「特には、有りません、強いて言えば貴方の傍」

 

世間一般の考え方とは、少しだけ違う私達の関係です😜

 

 

アラン秀俊さんは、海の無い「岐阜県関市」で生まれ育ち
長く続いた「歴史」のあるお家の「ご長男さま」
お父さんは、兼業で農業しながらも、お役所勤め
お母さんは、兼業の農業の手伝いをしながらも、お家で手内職をされていました。

生まれも育ちも、全く違う二人が巡り合い、結婚し、子育てをし
起業してからは、何か有る度にギクシャクギクシャク
結構な頻度で、モメモメガタガタの繰り返しです。

それでも、何とか続いているのには
「お互いの役割」を、大切にしているからに過ぎません。

 

 

でも・・・ほんのちっぽけなコトで
ギクシャクギクシャクします。

私自身が、自分達のその「ミゾ」が埋められると、良いのですが・・・
他の方々の「ミゾ埋め」には
実は「こんな人が居てくれたらナ~~~」が有るから出来ます。
けど・・・自分達の「ミゾ」だけは
距離が近づけば近づく程に、埋められないのです・・・トホホ

 

 

昨日、到着した夕方の「みなべ」の海

今朝、出発して来る頃の「みなべ」の海

満ち潮と引き潮だけでも、全く景色は違います。

こんな雄大な自然の営みの中に居てさえも
ちっぽけで、どーーーーでも良い事に、一喜一憂の私達二人です。

世間の方々には「仲良いですね」に映るようです。

ぐるっとひとまわりした私達は
「言いたい放題」「やりたい放題」な我がまま夫婦なのです。
だから・・・長く続いているんです。

ふぅ~~~~~~ヤレヤレ

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く