ライフスタイル

全ては良き良気、って良いなぁ

ちょうど二年前、心臓の弁が不良で、血液が逆流をしていた頃
同じようにニコニコ笑顔でしたが、艶の無い顔でした。
小雨交じりのお天気の中、名古屋に向かう道すがら、こんな子たちが「賑やかに」「ゆっくり」と走っているのに、出くわしました。

寺子屋に参加して下さった方々から、お礼のメッセージをいただき、良い気分でのドライブのしょっぱなでした。
が・・・気分良く、彼らの賑やかな先導に引っ張られ、のんびりと走りました。
時間の約束をしていたり、何かしらの時間の縛りがあったら、きっと「イラッ」としていたのに、喜びに包まれていたので、ドライブのお供になるなぁ~~~なんて、冗談も言いながら、のんびりと「制限速度以下」の道すがらを走っていました。

世間さまには、柔和な笑顔のアラン秀俊さんですが、実はかなりの「走り屋」です。ビューンと気分良くかっ飛ばしていたいお方で、よく「切符」を切られて、「上納金」をお支払いさせていただき、「国庫」に貢献されておいでです(笑)

なのに、計算外の出来事に「イラッ」とする事も無く、何かがアラン秀俊さんの「気分」をほぐしてくれているようです。

生きてるコトに恋してる(笑)

私の体調不良もあって、ここのところ色々と「お話」する事が多く、色々と考える事も多かったので、色々と「心の洗濯」が出来て来たのか、はたまた・・・

そんなアラン考察をしていると、ひょっとしたら「今、生きてるコトに、恋してるのカモ」と、感じられるフシがあって・・・良い意味の「自惚れ」してるのぉ~~~と感じるシーンが多いのです。←自己肯定感が強く成って来たナという事です。

自己肯定感が強まると、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する行動が多くなり、少々の事で「イラッ」とせずに、おおらかさが増し増しになります。

誰かの為は自分の為と、自己中心とは違って、許容が広がるんだなぁ

朝目が覚めて、夜寝るまで、誰かの為に生きてるのが、「腑に落ちて」自分の為だと思えるようになったのかなぁ

いえいえ最近、サロン「開店日」の看板を出していると覗いてくれる「可愛い子ちゃん達」がいて←小学生女子達
その子達にチヤホヤされるのが、とても嬉しそうなのです(笑)
積極的にモテようと動くと、良い気が増して来て、相乗効果で「良き良気」なんでしょうねー

ちょいモテを目指すと言いつつ、モテモテになっています

誰かの為が、自分の為になって動けると、良い効果が生まれます。寺子屋すおなの日は、とっても良い日

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く