ライフスタイル

化粧って


女子の私として、化粧を始めたのは、短大に入った年の夏です。短大は奈良にある「帝塚山短期大学」での寮生活のスタート、夏休みに実家(岡山県倉敷市)に帰ると、フルセットそろっていました。←これ、私の常々の事なのです。私の節目は、全て周りが整えてくれていました。

一番可笑しかったのは、その化粧をして見せたら父が、クレームつけてきた事です。父の気持ちを量り知る事は出来ませんが(本当は解ってるつもりです)

化粧とは

化粧あるいは仮粧とは、 白粉や紅などをつけて顔を装い、飾ること。英語で makeupフランス語で maquillage 「マキアージュ」「マキヤージュ」。 外から見えるところ。建造物・工作物・道具・器具・機器などの内外の表面を、ある目的をもって仕上げること。 虚構・虚飾・脚色など、上辺のこと。ウィキペディアより引用

という事らしくて、私自身としては、特に興味も無く、与えられただけ・・・という感覚と、化粧したから、すごく変わったという程のテクニックも持ち合わせず、たしなみとして・・・という感覚も少ないので、あまり上達もしないから、それに費やす「時間」と「お金」の感覚が、少ないのだと思います。トホホ

そして、特別の時はプロに任せるという徹底(笑)

最初にそれを感じたのは、結婚式の花嫁さんとして創ってもらった時でした。本当にお人形さんのように、なるがまんまでした。衣装合わせとか、衣装選びは、ほぼ「母の意向」でしたし、私には何のこだわりもセンスも無かったからです。

ただ、結婚30周年には、すでに起業していましたし、大きく「記念行事」になるように、沖縄まで「すおな」としてツアーを組んで出かけました。その頃には、ヘッドドレスやコサージュや花束は、自作の手造りでした。←忙しい中でしたが、とても楽しかったです。あっ 化粧は相変わらず美容師さん任せでした。

色々な意味合いで、色々な私達を楽しんで表現しています(笑)これからも、どんな人生を描けるのか、楽しみです。

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く