ライフスタイル

去年は出来なかった支度、したく、楽しみな冬支度


いつも、誰かに助けてもらって、いつも誰かに支えてもらって、やっとここまで暮らせて来ました。
まだまだ、これからも「仕合せ」に生きていきます。

心臓疾患には、寒さが大敵ならば。寒さ除けの対策をしておきます。
お部屋の暖かさもですが、心の温かさ、お財布の温かささえもねー(笑)

身体を動かして、する事も負担になり過ぎないように

それでも、薪の燃える「音」や「匂い」には、とても暖かく包まれていられます。何かと気ぜわしい時期も、ちょっとした「安堵」の心で、灯を眺めていられるなんて、最高の「贅沢な時間と空間」だと思います。

それが、また出来たぁぁぁーーーーー
薪を買いに行く先の「おじさん」にも会えた、東吉野の「自然」にも会えた。
今、とても充実した日々が暮らせている事が、奇跡のように思えます。
昨年の同じ日、先がどうなるのか、やるしかないと決めた手術にも、不安を抱えていては、上手くはいかないゾーーって、私達が私達に掛け声かけかけ、踏ん張ってきて、良かったーーーと、安堵しています。

私達の存在は、ちっぽけでも、誰かが喜んでくれる事に繋がると良いな

いつも、生きてる事に感謝の心いっぱいに、暮らせたら良いな
今年の冬は、去年とは全く違って、豊かで暖かな心持ちで過ごせます。
支度は出来たぁーーー

誰かさんと誰かさんが集って、ふんわり暖かな空間で、ゆったりとした時間を過ごしましょ

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く