ライフスタイル

命をもらう

私達二人とも、命の淵に立ちながらも「今」を選択しています。
なのに、なのにですヨーーー 大して何も変わらず(検査で病院に通う、毎日たくさんのお薬を飲むが日常に加わりました)、これまでと変わらない暮らしが出来ています。これって、すごくすごく、ものすごーーーっく、有難い事で、しかも、それを観ていて下さる方々が居て、面白がって下さる方々に向けて、日々のたわいもない事を書き綴れている。それは、実は、あり得ない事なのです。あの日、あのまま「命」が切れていたら。そう思うと、私達の日々は、すでに非日常なのです。

日々を面白がって過ごしていられる

なんて、素晴らしい事なんでしょーーー
なんて、有難い事なんでしょーーー
なんて、仕合せな事なんでしょーーー
と、毎日毎日が、新しい発見なのですからねーーー
すでに、当たり前の事は、何も無いのですからねーーー

その分、少し「心」して過ごしています。ひょっとして、これでおしまいかもしれない、ならば、なお更にそれを「楽しもう!!」ってネ

目の前の当たり前の景色は、当たり前では無いのです

私達の創った、大好きな場所に、大切な方々が集ってくれて、楽しい時間を過ごしていられる事って、すごくすごーーーく有難くて、仕合せな事。しかも、そこには「笑顔」があったり「涙」があったり、「人間の情」が溢れています。
機械には無い「感情」が沢山あります。ただ、私達の創った「場」なので、どうしても、私達の「好き」に偏ってはいまいすが(笑)

講座開催を再開する

と言っても、そんなに大それた事では無くて、今までにやっていた事の「再編集」をやり続けて行こうと思っています。私達の命の途切れる日まで
アラン秀俊さんの「得意」、私の「得意」、そして参加者さんの「得意」、誰かのお知り合いの「得意」を、開催しながら
場所は、当面は「奈良サロン」日程は、参加者さん達と「都度」決める←ゆる過ぎかなぁ(笑)

「仕合せな時間」を過ごす「場所」にして育てていこうと思います。お問い合わせくださいねー

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く