ライフスタイル

喜ぶ言葉が使える人でありたいなー


色々とやってみても、きっと、まだまだだと感じているのは、成長の幅があるから!!
そんな私達を面白がって、愛おしく思いながら、観ててくれる人、聴いててくれる人の中で、応援されて暮らせている事が、何よりの「豊かな生き方」なんだよなぁーって思う。

そんな生き方の為に、私達は使う言葉への意識をしています。
特に、こうして書き残すようになって、言葉への意識は、随分と広がりを持ち始めたし、それに伴う行動も、変わって来たと思います。

自営業になり、私達の生活を私達の見せ方、観られ方次第な生き方を選んだ瞬間から、学び続けていく事への覚悟もしてみたけど、すなおに喜ぶ言葉を自然に使えてるかどうかが、大切なポイントだと感じるようになりました。

言葉が使えるのは、人だから
それと、独りじゃないから

やっとーーー やぁーーーーっとだよ、ここに気づいたのはね
色々と悩んでみたり、考えてみたりしたけど、結局は「そういう事」なんだろーーーな、だから面白いんだろうな

成長の幅を感じていられるっていうのは、私達自身が未熟だと気づけるって事なんだから、可能性の「ツブ」がいっぱいなんだー
その可能性のツブが、パチパチ音を立ててはじけて、キラキラ溢れるのー

それを一緒になって喜べていられるから、心がほんわかと温かくなれるんだよねー そんな人達が集える「場所」を創っていたいんだよねー

お仕事は、「愛」「会い」「合い」を届ける事の意味

中々大きく逸脱する事は出来ませんが、ほんの少しずつ、私達自身を解放してあげながら、まだまだと中々からの「変換」を繰り返しながら生きていこうと思います、毎日が新しい私達と出会えて、毎日が新しい挑戦が出来ます。

そんなどーーでも良い事を、毎日ツラツラと書き綴り、それを残しているだけでも、さーーーやるヨ 今日も元気で居るヨ という、私達自身への掛け声です。

どんな言葉をかけられたら、嬉しいか?
どんな言葉をかけさせてもらえたら、喜んでもらえるか?
それが偽善にならずに、私達自身も喜ばせられるか?

いつもいつでも、しっかりと考えておこうっと

今日という日は、一生で一度だけ、優しい言葉をつかえる一日で有りますよーに 仕合せが傍らでほほ笑んでくれるヨ

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く