ライフスタイル

圧倒され続ける人生だからこそ、自分を強く意識していなくっちゃーねーとばかりの自己主張

のんびり、まったり、ふんわり、とは、全く「縁」のなさそうな私の人生です。
それでは、パートナーのアラン秀俊さんは、その真逆で・・・でも無くて、二人ともに「カクカク」なのに、どーーーも「外」に向けては、別のようなのです。

はい!! 結構「ぼっち」が好きで、二人で「仲良く」ペースを合わせてが出来ないのです(苦笑)
それでも、まぁーーー良く続いています。そう、全くの真逆な訳では無くて、共感ポイントが「ボツボツ」に点在しているから、中々なんだろーーーなぁと感じています。

ずーーーっと一緒だと「息切れ」を起こしてしまいます。
ずーーーーーーーっと別だと、寂し過ぎます。←結果、二人ともに「強烈」な「個性」があって、「自己主張の塊」だからです(笑)

どちらも「主」であって「副」では無いから続いているのカモ

我慢の出来ない我儘者の二人が、遠慮せずに「言いたい事を言い合える」から、続いているんだろーーナと思います。
いつも相手対して、「あなたは何がしたいのっ?」に「答え」を持っています(笑)
その「答え」を、相手に言えて、譲ってもらえたら「お先に有難う」と言って、前を歩けるように、先導出来るように「真っすぐ進む」。その時に「譲った側」は、先導の足元を観続けながら続きます。←変だと感じたら、引き留める為に

夫唱婦随、婦唱夫随、どちらも有りです(笑)

まさに「人生のパートナーシップ」なのです。
どちらも相手の人生に「協力関係」を持って生きていくという、大袈裟な関係です(笑)

ここまで来るには、紆余曲折・・・あったっけ???

それは・・・それは、聴くも涙、語るも涙の物語が・・・なぁーーーんて、ほとんど無くってねー
喧々諤々なディスカッションという「すりあわせ」は数知れず(笑)
それが「良くなる為」には「絶対条件」では有りました。どちらかの我慢の上には長続きしないのです。私達二人の「ズレ」は、補い合う為のものですからネ

特に起業してからは、ほぼ毎日がディスカッションです(笑)
小さな小さな「ズレ」を埋めながら進めています。
「ズレ」を放置してしまうと、修正不可能になるからです。

それが「生きてる感」をバリバリに感じていられる間中続く、私達二人の関係性なのです。←目標が「仲良くする」って、そういう事なのです(笑)

平等の意味をしっかりと受け止めて生きる

福澤諭吉さんの言葉「天は人の上に人を創らず」を
「人間は生まれながらにして平等なんだよ。上も下も無いんだよ」を、私達なりの解釈で「ナンバーワンにならなくていんだよ~。元々特別なオンリーワンだからね~」を、共通の理解にして暮らせる為に、日々を大切にして来たのです。

目標は、死ぬ時に「良い人生だったーバイバイ」と言ってあちらの世界に行く為にネー(笑)

群れを成すのが苦手で、だからと言って、独りでは何も出来ないくせに、やけに強がって見せてしまう、何とも「非力」で我儘シニアな二人ですが、それなりに補い合って暮らしていられるのは、やけに「似通った性格」の部分があるからカモしれないのです。←結果は、まだまだです。だから目標(笑)

学ぶ事多く、学び続けて居られるのは、とっても仕合せな生き方だと自負しています。まだまだだから、一緒に学び続けて居られます。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く