ライフスタイル

大切な人たちと一緒に、海のある景色の中に居て思う事

どこに出かけても、最高の春を感じられる日に、瀬戸内の「直島」に行きました。

直島といえばアートの島として有名ですよね。草間彌生さんの作品の「かぼちゃ」も直島にあります。

島全体に流れるゆったりとした空気感の中に、個性的なアート作品が点在しています。

こんな直島は
1990年代からベネッセによって、現代アートによる町づくりが行われてきました。
ここでしか見られない有名アーティストの作品多々。
3年に一度、国際芸術祭も開かれるほど世界的に注目を集めている場所です。

と、沢山の人が訪れるようになったのも、つい最近

 

 

 

 

実は私の父方の先祖さまは、そのお隣の「豊島」だったようです。

そして、母方のご先祖さまは「神島」だったようです。

どちらにしろ、私のルーツは、瀬戸内の静かな「海」に有ります。

海は色々な恵みを与えてくれます。

 

 

 

IMG_6081

IMG_6080

IMG_6076

IMG_6077

 

 

寄せては返す波の音を聞きながら

穏やかな風を感じながら

空と海の色の変化を見ながら

美味しい物を味わいながら

海の香りに包まれながら

 

大きな手術をしたのに、未だ元気で居てくれる
私の大切な二人と過ごす

大きな愛に包まれて過ごす時間は

私に沢山の元気と勇気を与えてくれます。

 

 

 

IMG_6082

IMG_6083

潮風にあたりながら過ごしている、自然にも

季節の営みが有ります。

日々が平穏でありたい!!

と、いつも思うのは

やはりこの穏やかさの中で育まれたのかしら

などと、思います。

 

 

 

 

IMG_6071

アートの島らしさをちょっぴり(笑)
IMG_6072

看板が英語だけのカフェ

IMG_6073

カフェのお庭にあったのは、カヌー???

 

IMG_6074

可愛らしい看板

今回の浜辺の写真は、つつじ荘マップのビーチで撮りました。

春の穏やかな一日、親孝行といいながら
自分孝行な一日を過ごせました。

ありがたぁい

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く