ライフスタイル

孫が教えてくれる事、気付かせてくれる事、意外と多い

息子達の子育ての時は、もっともっと余裕など無くてねー
孫になると、すこぉぉぉし余裕は出来てるのに、なぜか右往左往しています(笑)
色々と考察してみると、ただ「可愛い」と眺めているだけでは無くて、ママ(息子のパートナーさん)にも私達の事業に参画してもらっているので、戦力として、大きく期待しているからです。

ただ、ママは40歳を過ぎて、しかも最初の孫は、今年から中学生です。二度目とはいえ、中々体力の要ることです。その上、私達の事業に参画してもらいつつ、私達は子育て(孫育て)に、ちょっぴり参画させてもらえてるのです。

この孫が「お腹」にやどった時もずっと、私達の所に通って来てくれて、私達の事業のサポートをして貰っています。←同居はしていません。息子はサラリーマンです。

「人」の成長の傍らを、考察出来る

本当に、面白いです!! こんな風に眺められるのは、私達にとっても、とても「有難い機会」を与えてもらったと思っています。
息子達との暮らし方とは違い、かといって、何かの「しぐさ」に、息子の面影を見つけては「愛おしく」感じてみたりと、思いをはせるだけではなくて、実際に触れさせてもらえると、温かくて、柔らかくて、たまにうるさくて(笑)

どこかに懐かしさと、愛おしさを感じながら

それは、私自身の仕事にも、アレコレと関係をして来ます。
息子達の子育て時代との、時代背景に違いはあっても、家族の営みや、日々の暮らし方には、それ程の違いも無くて、それが脈々と続いて繋がっていきながら、時代背景の微妙な違いには、多少の影響を受けながらでもありますからねー

特に、私の扱う「お金」にまつわるアレコレには、日本だけではなくて、他の国々にも、大きく影響を受けたりもします。そんな中での「平穏無事」に暮していられる「知恵」や「知識」は、とても大切な「生き抜く力」を備えさせてくれます。

ただただ無事に生まれてくれる事だけ祈りながら居た時、無事に生まれたら、お世話しながらも、無事に育つ事を祈り続けながらも、「お食い始め式」や、アレコレ出来始め、歩き始めたら「ファーストシューズ」諸々と、鼻の下のばしながらも、お付き合いさせていただけています。

出来る事なら、このままずぅーーーっと

さすがに、それだけは叶わぬ夢です。私達自身に与えられた「寿命」がありますからねーーー

今年、中学生になった孫が言います。
「ジイちゃんの傷(手術後の傷)をみると、切ない」ってねー
「僕が大人になるまで、死なないでよー」ともねー

絶対の約束は出来ないけれど、出来るだけ身体を労わって、しっかりと成長を観させてもらおうと、決意します。
それには、お客様方とのお約束もです。出来る事を出来るだけ!!

人の成長の傍らが、私達の居場所です。居心地良くて、暮らせるのは、何よりの仕合せです。そして、楽しみでもあります。

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く