ライフスタイル

孫の手を使う

あっいえいえ、孫の力を借りるです。最近の私は、前屈が苦しいので、あまり大きく身体を使えなくて、拭き掃除が後回しになりがちです。それでも「窓」や「桟」が汚いのが気にかかっていましたが、足を使って拭くのも、少し憚られて、小学六年生の孫が来るのを待って、二人で「拭き掃除」をしました。なんだかんだと言いながらも「ばあちゃんの役に立つ」は、孫の何かを刺激したようです。
アラン秀俊さんは、8月1日から第四期に入った「株式会社すおな」の伝票綴りの準備の為に「テプラー」を使ってもらおうと、待ち構えておりました。流石に小学六年生くらいになると、私達より出来るようになった事も多くなっています。頼りになります。ただ、使い方(失礼、役に立って貰い方)の工夫は要りますネ

お近づきで居る為に、距離を保つ

孫と言えども、一人の「人」です。人格も有って、尊厳を持ってのお付き合いの「礼儀」は心掛けています。ただただ可愛いだけの頃からは、はるかに成長をしていて、私達(ジジ&ババ)の扱いも上手くて、しっかりとした対応をします。人の成長には「見守りスタンス」が大切だと、「未熟」な父&母の時代とは違った「余裕の距離感」を保てるようになってる私達です。息子達には未だ、アーダコーダと言われて、その言葉に「カチン」と来るのにです(笑)何なんでしょうねーーー ほんの少しの「遠慮」が、良い距離感を保っていられるのだと、思います。

昔取った杵柄などよりも、改善への学び

息子の時には出来なかった事ばかりを、孫が来てくれる時に体験させてもらえる。有難い環境を与えられたものだと、感心しきりの週に一度の「学びの日」です。暑い暑い日に汗びっしょりになりながら、一時間くらいの移動距離(往復だと二時間です)を、二人の孫を連れて「仕事の補助」に通って来てくれる長男のパートナーさん、まだ学生時代に、始めましてのご挨拶に来てくれた日「親の近くでしか子育てできません!」と、きっぱりと挨拶された日から、すでに20年近くの年月が経ちます。人は変われる。その当時と諸々な事情は変化しました。が、たぶん一番の成長したのは、長男のパートナーさんなのでしょう。皆で少しずつの改善が、皆の成長に繋がって、「チーム永田秀俊」は、良い方向に向かって行ってます。

こちらは、チーム永田の鉄則にこんなのくれる次男のパートナーさん
ユーモアのセンス、生き方のセンス抜群のお方、私達の安泰の印(笑)

ご先祖様から繋がるご縁を、少しずつすこぉーしずつ成長させながら、出来る事をして暮していけて、孫の成長にも助けられる日々、有難きかな人生

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く