ライフスタイル

家族の調和を取らせてもらえた事が、私の誇りになった

息子達とは、こんな時間を持てなかったと、反省しつつも、孫との真剣な話に夢中になれる仕合せ


私達自身が未熟なまんま「親」になり、ジタバタしながらも「子育て」を終えた。そんな私達の手の中に、孫が近くに来てくれて、私達との時間を持ってくれるなんて、どれほどの豊かな時間が、与えてもらえたのかと、心がじんわり温かくなる。それを「豊かさ」だというのだろーーーな

私が護れたのは、私の命だけじゃなかったのー

家族の大切な命を育む「大役」を、未熟なまんまで受け取り、右往左往しながらも、私自身の育成をして来られたのも、「泣く姿」よりも、「笑う姿」を観ていたかったから
元々、困りたくない小心者の私が、家族を護る為に出来た事は、その程度ですが、それが「調和」を取る事で、泣く姿を減らして、笑う姿を増やす事に繋げていけるんだと、実生活を通して実践してきたからです。←大げさです(笑)

家族の調和は、一緒になって「美味しいモノ」を「美味しいねー」と言って食べられて、「面白いモノ」に触れ「面白いねー」と言って笑える。そんな簡単で単純なコトが繰り返されるだけで良いんだと、知っているのに、なぜか「肩に力」を入れてしまい、ガチガチになっていたから、遠く感じていたんだろーーナ
孫達と過ごしながら、孫が私達に向けてくれる眼差しを観ていて、つくづくそう思う。

家族の継承が、私を育ててくれた

大した事など出来なくても、家族が私を迎えてくれた。なのに、私はその家族の為にと、奮起し過ぎて、身体を壊してしまい・・・家族に、大変な心配をかけてしまった。そんなもう反省をしつつも、生涯現役を決めて、お仕事をする暮らしを決めた。それには、その時間をとても大切にしていく為に、私の手の中にある仕合せの「時間」を継承出来るようにする事、つまり手の中にも「抱え過ぎない」を心がけながら、私自身を大切にしている「姿」を観てもらう事なんだろーーーナと、思っています。

太陽のような明るい笑顔を忘れないで暮そう!! 口角を上げていよう。私を大切にしてあげよう!! 心の底から喜んでいよう

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
    アバター

    最新記事 by NagataYouko (全て見る)

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く