ライフスタイル

強がりです、情にはもろいが流されません!!

色々な人の色々な人生模様の伴走者を勤めるには、それ相応の覚悟が無いと出来ません。しかも、ちょっと「余計な手を出してしまいがち」な、甘い性格をしていて、それが、お客様の成長の妨げに成らないように、心掛けてはいるものの、ついついお互いに「なれあい」が見え隠れし始めると、それが「引き金」になりかねないならば、最初っから「線引き」をしていないと出来ません。

これからについての打合せ

お客様の未来を一緒に創る、なんて美し気な言葉、しかも曖昧な言葉です。それを実行していただくには、時にはとても厳しい役割を果たさないと、人はついつい怠けたり、先延ばしにしてしまいます。毎日の事業経営だけでも大変なのに、まだ厳し目の叱咤激励は、受けたくないゾ というお方とは、すでにお別れしています。今、私の周りに居て下さるお客様方は、それなりに厳し目のアドバイスも呑み込んでいただけてる方々なのです。
先日は、決算申告書を創っていただいた税理士せんせーとの「押印」と「今後についての打合せ」でした。もちろん「主役」はお客様ですが、シナリオライターは私なので、お客様より上舌に、お客様の今後を語ります(笑)そんな私達の関係性を眺めては、税理士せんせーも安心して下さいます。

新しく設立された法人の多くは無くなっている現代

私がFP資格の取得をしていた時代に、会社法が大きく変わりました。 2005年6月、「会社法」が国会で成立、2006年5月に施行されました。資格取得のタイミングでもあったのですが、この先を思いワクワクしました。ただ、資本金など設立し易くなった分だけ、消滅する事も増えているのが現実です(苦笑)
それでも、私の起業当時からのお客様は10年以上継続されておいでです。会社経営者は孤独だと言われガチな時に、経営者にガツンと激を飛ばせる人は少なくて、私は厳し目の私の役割を全うしていく意義は、ここにあるなぁと思っています。

来たとたんに場が締まる

これって冥利に尽きる褒め言葉です。別のお客様に、マンション売却をお勧めして、諸々知恵をお貸しして、前進させています。マンション売却の内覧(契約書を交わす手前)当日には、傍らに居て欲しいと言われて、同席させていただきました。売却は初めてなので、諸々不安が有るだろうからと、お客様の居て欲しいに、「名刺」も持たずに参加させていただきました。事前の打ち合わせも細かくはせずに、お客様と「業者さん」の繋ぎ役を務めるいつものスタイルでの参加です。業者さんには、多少のプレッシャーを感じていただく為に「目線」を合わせていただく「口」を挟みます(お客様ではも出来ない質問をします)。どこからどう観ても普通のおばちゃんに観えるのは、中々良いななんて、ちょっと嬉しくなります。しかも、その場を上手く整えて、良好な関係を保ちながら前進させるには、必要な事だなぁ~~~とも、思います。

自己満足・自我自賛の弁えの基に、プロ意識には十分注意を払います。
プロとしての仕事には気概を感じています。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く