ライフスタイル

心持ちが違うって事、体感中


お陰様で、生きています。そして、次につなげられている事には、私達自身の中でも、随分と落ち着いて来て、その分お互いの「我慢」が出来ずに、ガタガタモメモメします。そんな時、さめーーーっとする私と、意外とカッとしてしまうアラン秀俊さんとの「差」が歴然になってしまい、中々仲良くできません(笑)

何故かと思うと・・・やっと「お互いの立ち位置」に対して「遠慮」が無くなったのだと体感しています。←それでも、家族としての「心配」は、無くなりません。

まだまだ「楽しむ」まではいかないナ

アラン秀俊さんの「心臓疾患」が見つかって、手術日が決まり、中々落ち着かない日々の中、事業をそのまま継続させつつ、普段の生活も続ける事を決めて、それを「心」の中に押し込めて「平穏」に過ごすのは、中々の至難の業でした。それ程の「面白味」も無い、私達の日常を淡々と書き綴るのは・・・恥ずかしい事だ思いながらも、何とか繋げて来られました。それもこれも、観てて下さる方が居ると、信じていられたからです。観てて下さる方には、どーーーでも良いような、私達の日常なのに・・・です。有難い事だと思います。その前の一年は、私自身のリハビリ、それからの、アラン秀俊さんの・・・ですからねー

そうしていたらの、コロナ騒動です。それでも、継続出来て、それでも生きていて、それでも、こうして書き続けられているだけで、十分なのです。

生きる現場をつらつらと綴るだけ

いつでも辞められる。そう思ってはいても・・・性格上(頑固者の意地っ張り)簡単には辞めたく無いのです。←すみません
そして、ただのシニアの病後日記には成らないように、とは心がけてはいるものの、シニア起業家と言っても、それ程の大袈裟な日常でも無く(苦笑)
ただ、私達に期待をして下さっている「お客様」が居てくださいり、売上を創れて、日々の生活を営めている事実はあるのです。そもは、二人ともに「心臓疾患患者」なのに、入院&手術&術後の時間も含めて、お仕事の成立が出来ているのは、奇跡のような事実だと思っています。←ここには、素直に感謝しかありません。

そして、二人のプロの領域を超えて始めた「アランズセレクトクラブ」や「福禄寿ギフト」というECサイトなどの事業を営む為の「しくみづくり」には、本当に手探りです(笑)


痛々しさだけは無くしていますが、肩で息をしてる感は否めません(笑) それでも、何とか5年続けられて来たECサイトは、多少実績が出来て来ました。継続は力です。

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く