ライフスタイル

応援したいのは誰? 応援されたいのは誰?

プロとして、お金をいただくコトには、随分と「自分に問いかけ」をした時期が有りました。特に私達は「50歳企業家」として独立ですから、誰から、どのように「認めて」いただけ、どのように「お金」をいただき、どのように「喜んで」いただけるのか、考えに考え、悩みに悩み、苦しみに苦しみ、本当に「産みの苦しみ」以上に苦しんだ結果なのです。だって、お手本も見本も無い、私達独自の価値の創生でしたからネ

何屋かが明確に出来なかった

今となっては、それが良かったに繋がったのですがネ それに対して、もがいたからこそ「今」を創れたのです。時代のお陰なのか、何屋で無くても「稼がせていただける」という有難い状態を創れて、しかも「拠点」がどこかはっきりしなくても「お金をいただける」そう言った意味合いでは「実店舗」の有る無しよりも「信頼関係」の有る無しの方が重要。そして、紙媒体で伝えるかどうかよりも「信頼関係」を繋ぐのに、どの「手段」を使うかが重要。そのどちらも使えて、しかもお客様に喜んでいただけてる事実が、ここに有ると言えるように成れたからです。それでも、それに安堵すること無く、磨き続けていかないと、今度は時代に置いてきぼりにされていきますからネ

いつも、お客様にこちらを向いてていただくには、先ずは、私達からお客様の方をじーーーっと観てていないと、信頼関係の構築などは出来ません。そして、それが少しでもミゾを生むようなコトが有れば、ガラガラと音を立てて崩れていきます。お客様にとって「形の無い、私達のサービス」を「欲しくなって買っていただける」には、「結果に繋げていく」という姿勢は、保ち続けていきます。

少数精鋭

私達自身が、年齢を重ねての起業というコトは、多くの方々の役に立つには、色々な意味での無理を重ねるコトに繋がります。ので、数の原理からは外れた、中身の濃さで「結果」に繋げていく方法を選択させていただき、お客様にもご理解をいただき、中身の濃い充実したお付き合いをするコトで、結果を出して生きます。それも、お互いに「人」なので、好みもありますから「相思相愛」な「関係性」の構築の為にも、先ずはお相手(私達からだと、お客様)が、好きで居られるかどうか、その上でお相手に好かれるかどうかです(笑)長く続くには、何より大切な事だと信じています。という事で創ったのが「アランズセレクトクラブ」なのです。なんと言う傲慢な「ネーミング」でしょう。アランが選んだ少数精鋭のクラブ員さん達なのですからぁ

私達が起業して15年が過ぎた頃考えた事

これまでのやり方では、すぐに限界が来てしまう。少しやり方を換えて継続の路を探ってみようとして、動き始めて導き出した活路です。時代の流れが速ければ速いほど「相思相愛の関係性を繋ぐ事」は、私達の生き方にも生き道にも「豊かさ」を付け加えてくれる路です。有難い事に、それに賛同して下さるクラブ員さん達が居て下さり、私達の「生甲斐」にもなっていただけています。発足を考えて「最初のラブレター」を出した当時にはドキドキしましたが、「丁寧なお付き合い」の出来る方々のお陰で、私達自身も磨かれて生きます。何とか一年半が経過しました。途中、私の入院騒ぎで危ぶまれた時も、クラブ員さん達の事を思いながら、少しずつの改善努力を積み重ねて来られました。人に支えられて、人を支えていられるを痛感しています。

アランが選ぶアランに選ばれるを歓びに

わがままいっぱいの、私達シニアペアーは、チームアラン秀俊として、クラブ全体の向上を目指して、クラブ員さんおひとりおひとりの「顔」を忘れないお付き合いをさせていただきます。もうすぐ、チームアラン秀俊に新しいメンバーが加わり、それに伴って「働き方改革」の旗印の元に「チーム」の結束を深めて、更に「クラブ員さん達」に喜んでいただける「サービスの質の向上」を目指して生きます。アランズレシピ集の完成も間近です。春の訪れは、温かなおもてなしの準備が整い始めた便りを、運んで来てくれました。

アランズセレクトクラブのこれから、益々楽しみです

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く