ライフスタイル

愛されている実感しかないなぁ

私の人生の65年と半年と20日、とても恵まれて暮らしています。
何かが足りないと思った事が無いのです。
全てが「与えられて」いるので、他を羨ましく思う事も無くて、「不足」を感じた事が無いというのは、こんな甘い生活が許されているのだと、思えるのです。

ただ、私が私自身の「欲」に向けて「良くしたい」と思う事には「真っすぐ」に向かっていて、その事に対して、周りの「理解と協力」をいただけてる事実だけは、認めています。
つまり・・・「思いに不足」が無いのです。

この亊に、「愛」を感じているのです。
そして、それを賞賛出来ているので、豊かで仕合せだと思っています。

お仕事は「愛」を届ける事

最初に聞いた時は、耳を疑いましたが、それから色々と実践をしていくうちに、まさにそうだ!! と、実感しながらも、実は「受け取っていた愛」のほどんどは、私自身に届けてもらえていたのでした。
どちらが「先」か「後」では無く、紛れも無く、その「循環」が起こっているのです。

私自身の、その時々の「立場」によって、その「状態」は違っていましたが、いつもいつでも「循環」は起こっていて、それが「愛」だと思う事無く過せていた事が、すでに「恵まれていた」からなのです。

命の淵っこに座ってみて、やっとやっとその事に気付いたのです。
それが気付けたから、今が迎えてくれているのです。
元々、争いは嫌いで、ガタガタモメモメした中は苦手で、「盛りたて役」のような・・・それも違うかなぁ(笑)
「平穏」で居る事が、何よりの仕合せだという事だけは、すでに身につけていたようなのです(笑)

生きる時に、背と腹がはっきりと分かれているのを実感しているのが、有難いと知っている

つまり、背・腹・腑が分かれて機能しているのを知ってる余裕があって、手・足も自由に動いていて、それなりに考えたり、しゃべったりして、自分の意思を伝えられている。
その上、時間さえも拘束されずにお仕事が出来る。

もうもうもう、何も不足も無いのですよーーー

今年は丑年 もうもうもうってねー(笑)
面白きかな 有難きかな 我が人生

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く