ライフスタイル

感情を認め合えるのが、仕合せ

久しぶりに、独りでじっくりとゆったりと過ごしてみた。携帯電話(スマホ)は、持っているので連絡は取れるし、SNSの発信も出来るので、私が「生きてる」事は、伝えられる便利な時代です。遠くに移動も乗り物に乗って、簡単に出来る。ただ、こうして文字に残して一方的に発信するのを、わざわざ観に来て貰えるというのは、意外と難しい。私を知ってる人、もしくは興味を持ってくれる人には、観ていただけるのですが、何の「接点」も無ければ、それはかなり難しい。そんな中、わざわざ私と会ってくれ、私との時間を共有していただけ、一緒になって「泣いたり」「笑ったり」しながらも、「生きてきた時間」を知ってくれている人との「お話」は、とても有難い!! しかも、それに「美味しい物」を食べながらは格別です。

その為には、族の意識を高める

私、群れる事が苦手なくせに、独りも苦手、というややこしい人です(笑)大きな集団(コミュニティ)には、とうてい参加して居られません。そうしたら小さな集団って???一体どんなの??? って、考えると「家族」という集団が身近で、解り易くていいわと思い、私の「発信」「行動」の基本を「家族」という「族」に注意を払ってみる事にして「族= ある性質を共有し関連を持つものの集まり」 を、小さな集団の、団結意識の元になる「思い」をまとめてみると、しっかりとした「軸」を見つけ易く成り、中心に据える「軸」には「愛情」という「感情」が無くては、スムーズに回りません。解り易い「数字」で現せる「時間」と「お金」の関係に「思い(理念)」という「軸」に、愛情という「感情」の味付けをして「勘定」合わせをしていくのが、私の「役割」なのです。

粋に感じていられる為に

私、一応女子として産まれ、女子として育てられましたが、気質は男子、しかもザ・日本人です。という事で 「気性・態度・身なりがあか抜けしていて、自然な色気の感じられる・こと 」という粋な生き方には、憧れています。格好が良いと、褒められていたいのです。大風呂敷を広げるとか、大盤振る舞いをするとかとは違います。どこからどう視られても、どう扱われても「終始一貫の筋を通していたい」のです。男前に近いなぁ(笑) 男前良いなぁ

おっとこまえーーー かっこういいーーー などとの褒め言葉には、コロッといくなぁ くらいにシンプル(単純明快)な人でいたい 飾れないワ

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く