ライフスタイル

損だ得だってだけでは表現出来ない事だらけ

お金の世界では、誰かが「損」をすれば、誰かが「得」をする仕組みなのに・・・何故か「損」「得」や「高い」「安い」という「単純」な表現を「タイトル」や「サブタイトル」に付けて表現している事が多い、これはこれで「食い付き」という点で「目」に付き易い「キャッチコピー」としては合格なんだろうな

ペラペラ覗いてみたけれど・・・

これ観て、一発解決、もしくは持ってる「不安」の解消になるのかしら??? ってくらいに、ちまたに出回る「お金」のアレコレの書かれた本(雑誌)は、沢山有ります。真剣に読めば読むほど、迷いのルツボに入り込みそうです。だからこそ余計に「自分にとって、どうなの?」で選ぶ視点を持っていただきたいです。

資格取得の目的に立ち戻ると

やはり、「お金周りのアレコレ」に対して、私自身が「一家の主婦として、家族の生活を護る為に」足りなかった「知識」や「経験」を持てる人を増やしたい!!が、今に繋がっています。ので、書かれている視点を、読んでいる人の視点に「変換」して見ると、とたんに「アレ? アレレレレ???」が芽生えてしまいます。

ついでにこんなモノを持ち帰った

これに書かれている情報は、誰のモノ? 誰に有利なの?

視点を変えて見てみると、何でーーーの出現してくる私(買い手)視点の、アレコレのアレレ??

お金は使うモノです。仕合せになれる使い方しましょ

人其々の考え方が有るので、あえて使い方に関してはアレコレとは言いませんが、貴方や貴方の大切な人の為に使えるのは、とてもとても嬉しい事では有りませんか? 私が何に「重き」を置いているかと言うと「何の為に必要ですか?」です。周りとの仕合せな時間を過ごす為に必要な「お金」や「時間」の使い方に、しっかりと意識を置いて暮らしませんか?

お金や時間を大切に扱える賢い人を増やしたい!!

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く