ライフスタイル

教育資金の準備について、考えている事

息子たちを産んだ時、間違いなく教育資金は「学資保険」で準備すると思っていました。

もちろん、二人の息子の大学入学を目指して
郵便局の「学資保険」に入り、毎月せっせとツミタテをして
二人の息子の「入学金」や、諸々の準備が出来
息子たちを、大学に通わせてやる事が出来ました。

 

 

めでたし、めでたし

 

 

と・・・これで終わりではありません!!

ファイナンシャルプランニングを学んだのは、その後です。

「お金の専門家」と言う触れ込み

ただ・・・その「専門性」を「買う立場」で使うのか「売る立場」で使うのかによって
真逆になるのは、ちょっと考えると、すぐに解ります。

「専門家」に勧められるから「買う」???

「買う為の専門知識」それって、お持ちですか?

はい、きっぱりと、子育てに奔走していた「あの時の私」は

「買う人」で有ったのに「買うにふさわしい知識」は、まるで無し

なのに・・・アラン秀俊さんに任された事への「責任感」にだけ燃えていました。

それを、専門の知識(お金の)を身に付けた私は
その「知識」を、「誰に」「どのように」「活かしてもらう」の中で
アレコレと試行錯誤しておりました。

その時に、一番先に「頭の中」に現れたのが「過去の私」です。

あっ  あの時の私を喜ばせよう!!

「お金」に対する大した知識も無いのに

精一杯に「家計管理」をしていた、あの時の私

そう思うと・・・残念でならないのが「学資金の準備」です。

18年もの長い時間を、これだと信じて疑わず
コツコツと積み立てた「学資金」

 

 

わぁーーーーーーーーーーやだぁーーーーーーーーーー

こっちの方が断然良いじゃーーーーーん

 

と・・・今更ながら、後悔しても、過去には、戻れません。。。トホホ

私は、私の後悔を、後に続くお若い方々には、させたくなくて
「今」の仕事に繫げています。

 

 

 

と、タイムリーにも

IMG_6508

こんな業界誌

IMG_6509

はい、我が家も、もれなく「奨学金」のお世話にもなりました。

そして、国の「学資ローン」のお世話にもなりました。

ただし・・・ここは、世間で言う「普通」の視点で見ていない「天邪鬼の私」

我が家にピッタリを見つけて、我が家のやり方で、利用&返済を済ませました。

この頃になると、「専門知識」は無くても
「生活の知恵」を絞る事で対応できる主婦にも成っていました。

えっへん(笑)

 

 

そんな私の「お金を活かす、家計管理術」

聴きたい?

IMG_6378

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く