ライフスタイル

教養ってね、自分で自分の内にある、品格を育ててあげる事なんだよネー

名前を呼ぶとカメラ目線(笑)
キーポードひっぱり寄せてテンキー押す(笑)
疲れてお昼寝、はんこ注射の痕
足組

あまりに小さな世界で生きてきたので、知らない事だらけだし、そんな私には程遠い世界だからと、ほぼ諦めて、近づきもしなかった「世界」だったんですよ
それがネ そうなんだーーー そうかっ 置き去りにしていただけなんだと、気付いた瞬間に、身体の中に大きな衝撃が走ったのを、まだはっきりと覚えています。それは、2016年の春でした。それから四年、色々な事が起こり、色々な変化の中で、外から見たら何も変わらない(と言っても)内もそんなには変わっていません(苦笑)

育てるという行為は、積み重ねる行為

ずーーっとコツコツ暮らして来ました。
「お金」の育て方も「コツコツ積立」で、全てはコツコツコツコツです(笑)
いきなりぐわぁぁぁぁーーーっとは、難しいと、いつも「タイミングの様子見」をしています。どの「タイミング」で、どの「波」に乗っていくのか、私自身がしっかりと眺めていないと、せっかくの「準備」が水の泡では、もったいないと、いつも、いつでも乗っていける準備が「育てる」という行為なのです。
「蓄える」というに近しいです。
お客様の「育成係」としての、私自身の役割にも、教養という「味付け」をしていこうと決めて、「ヤツガシライフ」の投稿をしています。

安定成長型の育成係を務める

投資的な視点を持ち合わせて、一般的からほんの少しだけ離れている「軸足」に立って、モノゴトを眺めて居られる「余裕」を持つには、やはり「教養」が要り、立ち振る舞いに「品格」が無ければ、豊かな生き方は出来ません。
豊かな生き方とは、周りが笑顔でいっぱいになり、自分自身も「仕合せ」である生き方です。自分に「偽善」や「犠牲」を残さずに、しっかりと自分の足で立つ姿は、美しいモノです。私は、そんな人でありたいと思い、日々を暮らしています。ただ、誰に魅力的に映るかは、いつも色々と考えているところではあります(笑) 育成者とは、 立派に育て上げる人のこと。

今より育ちたい!! と、思う人は、すおな寺子屋に来てくださいねー
あなたの成長の為になる「コト」沢山ご用意しておりますよー

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く