ライフスタイル

新しい事の創造の為には、元を手繰り寄せてみるのよー

一日中、サロンの中で過ごしていても、山のような作業をしていても、仕合せなのはねー
好きな場所で、好きな事を、好きなようにしているから
モノ言わない植物の力強さに励まされてるから

という「基本」に立ち戻ってみよーネ
どんなに大変な時でも、基本に立ち戻ると「何かしら大切な事」思い出せるから

という何より大切な「命」については、淵っこの淵っこに居た私達だからこそ
生きる事への「生命線」については、誰よりも深く感じています。

永く生きてきたからこそ「自分自身の尊厳」について、ものすごく「強く」感じながら暮らせ始めました。今頃、やっとねー
それでも、まだまだ「長く生きてきた癖」の中で、もがきながら過ごす事も多いです。トホホホ

そんな私達には「命」が与えられてる

たまたま創った造語の「すおな」や「ヤツガシライフ」の中で、私達自身の人生を楽しみ続ける為に、その造語と、造語の意味を伝え続けて「実践」し続ける事だと、考えながらの日々を暮らしていこうと、決めました。

という「光」を私達自身の中に持ち、私達自身の足元を照らしながら、暮らしていく事なのです。

歳を重ねて来たからこそ、そんな私達だからこそ、命の淵に座ったからこそ、やっと「今」の暮らし方にたどりつけました。
それでも、まだまだだと思い、粛々と生き「これが良い」の選択を続けて生きていかれるように、生涯を修行しながらの「現役」として、私達自身が「良いね」と喜び続けられる暮らしをしますねー

アラン秀俊は「食」、私は「お金」がキーワードの二人の物語

今までの暮らし方の「基本」には、必ずこの「キーワード」を元に置きながら考える事にしていました。
何故ならばには、まだまだはっきりと「こーだから」という答えはありません。が、一旦の「仮説」を立ててみるには、「お得意のモノ」があるのはとても「導き易い」からなのです。

知り合った頃の私達二人に、こうした「仮説の立て方」や「物語の描き方」が出来ていたら、長い長い「迷路」の中のような暮らし方は無かったなぁーーと、今更ながらに思います。

誰も私達二人の暮らしには、興味など無いのヨ

特別感の無い二人だからこそ、そこに「着目」して、お客様や世間と仲良く暮らす事を、何より大切にしていたいだけなのです。
そうです!! 何も特別感の無い普段の日々を丁寧に暮らす事が、仕合せな暮らしに繋がる事を知っていて、それを実践している日々が、良いなと感じていられるだけで、私達の「平穏」な暮らしが成立しているのです。

すぐそこの仕合せは、いつも「手元」に有ります。

平穏で満ち足りた日々を暮らす事は、実はとてもシンプルな事です。

遠くばかりを眺めなくても、すぐ近くを見回してみると、仕合せが沢山ある事に気づくヨ
そしたら、未来が明るくなるの

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く