ライフスタイル

本当の意味の応援ってね

素晴らしい日本画、細やかな筆使いには惚れ惚れします。が、私は眺めるだけ
さりげなく庭の季節の花をいける
いける器も選ぶ、お客様をお迎えするしつらえ

やはり、過ぎない事です!! という意味で、色々な整理整頓をして来ました。
もちろん、この先もずーーっとしていくつもりです。そして、そーーーっと閉じる、すでにそんなイメージを創りながらも、残りの人生を楽しむ工夫をしようと、思っています。
それには、まだまだ学びながらの日々を暮らそうと、思っています。

色々な方々の色々な人生に寄り添う

そんなに簡単な事ではありません。近づくその度に「新しい発見」があり「驚き」の連発です。その「驚き」の中に、私との「差」を観て、それを「どう埋めていられるか」が、私の試練であると考え、「私ならどうする」をヒントに、お相手と接します。つまり、私自身を観ていないと、お相手を観ていられ無いのです。しっかりと「目」を開けて観る。しっかりと「耳」を傾けて聞く。しっかりと「苦言」を言える。それが出来ないお相手には、寄り添わない!!

厳しさと優しさのあんばいをつける

中々至難の業ではあります。どーーーしてもやり過ぎになりガチだからです。
これまでの、私の生き方そのものの披露もしつつ、ここからの私の生き方の応援の「あんばいつけ」をしながらなので、それを私自身が「楽しんでいられる」って、よほど私への「意識」をしっかりと持っていないとも出来ません。←大げさです。どっぷりと私が私の中に居るを意識して、外に向かう。

毎日の暮らし方で、私を観るには

失敗を恐れず、やれる事を見つけてやり続ける。いたってシンプルだけど、中々難しいのです。少しだけ前を見据えて、その「一歩」が出しやすいようにする。
簡単なようで難しい。その日々に挑戦し続けながら、その日々が喜びに繋がっているのかを観ていくのです。そうして成長続ける私を、私が応援しています。

自分の成長の日々を応援するのって、楽しいと思える人、この指とーーーまれ

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く