ライフスタイル

本気で「生きる」に付き合う日々です。

IMG_53042月24日、私の周りで、新しい命が誕生しました。

お母さんも赤ちゃんも、もちろんお父さんも
家族皆で、赤ちゃんが無事に誕生するコトだけに、集中した日だったでしょう。

その同じ日、私は二人のおじいちゃん訪問をしました。

そろそろ90歳に手が届くようになられ
周りが一人、一人減っていくのが、切ないご様子。

そして、何より、ご自身の「老い」がお嫌なご様子。

どこかで、それを認め
どこかで、それを嫌がり
どこかで、それを恐れています。

 

それは、誰にでも必ず訪れます。

と、知りつつ・・・生きておられます。

私に出来るコトは、時々お邪魔して、お話を聴くコト
(くらいしか出来ません)

長く、長く事業をされて来られた方です。

私の「知識や経験」など、比べ物にはならない程の
沢山の「知識や経験」をお持ちなのです。

生きて来られた「軌跡」のお話を

ただ、ただ聴きます。
(それしか出来ないコトが、少々切ないです)

それでも、話すうちに、顔色は良くなります。

ずっと長く「家族の仕合せ」の一番前を
精一杯生きて来られた方が
次の「家族の仕合せ」を
息子さまに託していくのに、バトンタッチをされる
私はその「橋渡し役」を、仰せつかります。

 

行く度、お話を伺い、少しでも、元気で居ていただく。

グルグル周りの時間ですが

この「出口」だけは、できるだけ「先に延びるコト」を

願いつつ伺います。

長い長い「人生の寄り添い」

ちょっと切ないコトも、有ります。

 

 

でも・・・ネ
私にとっての救いは、回数を重ねる度に「新しい発見」が有るコト

「橋渡し役」として
「最高の橋渡し」が出来る為には
同じお話の中にも、何かしらの「改善のヒント」を見つけられます。
(そんな時には、天邪鬼な性格が役に立ちます)

少しずつ、少しずつでは有りますが

「時間」をかけて、会う度に聴く「お話」には
キラキラとちりばめられた「改善のヒント」が有り
それを見つけると、私の心が弾みます。

会ってお話を聴くというコト

家族の歴史の「ヒトコマ」に加えていただくコト

中々、光栄な仕事だと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く