ライフスタイル

沢山の感動の涙の一日でした。

12月5日、朝の8時過ぎです。

一本の電話が入りました。

少し前から・・・そうカモと、覚悟していました。

それは・・・・・・・・・大好きな作家さんの訃報でした。

 

IMG_6968

 

誕生日の朝、ブログを書き終え、大阪のお客様の所に行く支度を、しようかとしていた時でした。

その一報をくれたのは、作家さんの息子さん
そちらのお宅は、家族で「陶器」を創っておられる「陶芸一家」です。
気丈にも連絡くれた息子さんは、掛けた一言で・・・泣き出してしまいました。

あぁーーーやっちまった・・・

私の「ひと言」どこかにささるようです。

私自身も、少し覚悟はしていたものの、しばらくは動けずにおりました。

 

 

が・・・・大阪のお客様との約束も有ります。
実は、その大阪のお客様も、素晴らしい作品を創られる「ご一家」です。

私の周り(お客様)は、私の大好きな作家さんが多く
作家さんの応援=お客様
でも有るのです。

私は、お客様の見守り隊です。

 

 

朝のアクシデントで、少し遅れて面談に伺った大阪のお客様の所では
何か大きく「変化」の始まりがあって
色々なお話が「好気(よき)」に運び始めていました。

こちらでは、大学を卒業したお嬢さんが加わってくれたタイミングで
「法人設立」していただき、良い流れができ初めてきたのです。

私のお誕生日のお祝いに、ランチをお呼ばれしていて
この先を話される親子の姿に、思わずかけた「ひと言」に
またまた涙

私、どうも、ツボを触りにいってしまいます。

 

 

 

その後は、アラン秀俊さんと、デパートで待ちあわせ
少しだけ、ウインドゥショッピングです。
有難いコトに、沢山の方からSNSを介して
「お誕生日のお祝いメッセージ」が、ひっきりなしにいただききました。
午前中に、アラン秀俊さんは
奈良サロンに届いた「お祝いの品」を受け取ってくれていました。

 

 

続いて、出席したのが
10年来の勉強会のお仲間が、主催されるセミナーです。
さすがの安定のセミナーを、されるようになっておいでです。
こちらも10年応援し続けているので、成長を感じられます。

久しぶりの面々にも会えて、美味しいお料理も食べられて
お誕生日のお祝いもいただけて、楽しい時間を過ごせました。

だけど、奈良に帰る車の中では
私の心は、朝の訃報の作家さんに戻り
アラン秀俊さんが「二度の死の淵」に居たのを、思い出しながら
つくづく私のお仕事は
「家族の傍ら」に居続けながら応援していく事だと、痛感していました。

 

 

 

62歳のお誕生日の一日

めまぐるしく動く感情の中で生きてる!!

を、実感した一日でした。

そんな中、足を止めること無く動き続けていられる「今」を
とても有難いコトなんだと、もっともっと大切に繋ごうって思いました。

 

 

そして、人が亡くなると始まる「相続」。
私のこれからは、作家さんの所で始まる「相続」の手続きのお手伝いです。
事業承継から、相続に寄り添う為に
ここ数年通い続けた、お客様のこの先を
大きく舵取りをします。
それにしても・・・こちらのお宅に通い始めたのは
現在90歳の、作家さんのお父さんの「相続の準備」をする為でした。
あってはならない、順番違いが起こってしまいました。
それでも、私は粛々と動きます。

人様の人生に寄り添うお仕事

なんとも・・・複雑な思いの一日でした。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く