ライフスタイル

相続ってね、先人の意思を受け継ぐ事なので、バッサバッサとはやってはいけないの

特に、アレコレとモメモメが始めると、ぐちゃぐちゃドロドロになり、収集がつかなくなってしまいます。だからこそ、丁寧にコトを運んでいかないと、と思っています。先人が長い長い人生を歩いて来た道を、丁寧に受け継いでこそなのです。

ここが「胆」になって、もめない相続を成立させます。

そもそも相続とは
自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること
であって、税金や名義書換だけの問題では有りません。
とは言え、先人がお亡くなりになると、容赦なく「期限」もやって来る事も多くて、ワシャワシャが始まります。

時間をかけて紐解くように心がけています

その為にも、現状把握して、この先をどのようにしていきたいのかを、しっかりと聴きます。聴いた上での「提案」をする為に、事を練練りしてみるのには、半端ない「熱量」を使います。←基本、もめさせない!!が、根っこだからです。

思いをくみ上げる為の時間をかけます。

その思いは、先人の思いを創造しながらの時もあるので、その時には、そのご家族全体を俯瞰して眺めてみる為に、お家に行かせていただきます。そのお家ならではの「歴史」を感じ取る為にです。←一見、何も無いような所に、それを見つける時もあります。

事が始まってしまうと、士業の先生方の出番です。

私の立ち位置は、ご家族と先生方の「繋ぎ役」です。
事が、無事に運び終えるまでは、傍らで「様子見」をする係に徹します。
「申告」までは期限がありますが、「名義書換」には、期限は有りません。が、その後の諸々を運ぶ為には、名義書換までも完結しておかないと、更にややこしい事がいっぱいになります。それに加えて、申告の為に必要な書類との重複もあります。←まぁまぁややこしい

人生設計、しかも未来予想図って、かなり奥が深いものです。


私一人では、手に負えない事ばかりなので、私の周りの「優秀な方々」との繋がりを大切に、判断を誤らないように、慎重に慎重にコトを運びます。

いただきモノのお菓子を食べて、案を練練りします

いつも繫ぎ役の私です。この繫ぎは、家族以外で無いと出来ません!! 家族では近過ぎてねー 言わなくても良い事言ったり、言わな過ぎたりと、感情が全面を支配しますから

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く