ライフスタイル

相続・事業承継と不動産運用設計

ファイナンシャルプランニングの、国際ライセンスの取得には、六つの科目があって、一番最後まで合格できなかったのが、この二つの科目でした。粘りに粘っただけに、反復学習もしっかりと出来て、しかも「人生設計図」を描き始めると、金銭的にも、感情的にも大きく影響をしてくる分野です。しかも、私のようにお客様密着型の継続のお付き合いの仕方になると、ここは避けては通れない「路」でも有るわけです。

誰しも通る路ならば、歩き易く整えておきます

いつもの事ですが「揉め無い!!」を大前提に置いて考えるので、ついつい回り道に感じられたり、えぇーーーここでこれぇーーーーーという路の選択をして、驚かせたりもしますが、それは長く信頼関係を繋いで来たお客様方なので、理解はしていただけます。という点においても「単発相談」は、苦手だと思っています。ここ数年で、お客様として毎月定額のお金は頂戴しないけれど、諸々の「個別相談」をお受けできる方々も増えてきて、少しずつ「問題解決」を探っていける方々が出来ました。

相談業務だけで食っていく

金融商品を売る事無く、相談料だけで生きていくのは難しい!!と、言われましたが、志を高く、資格取得の時の「原点」にしっかりと根ざした行動が続けて来られたお陰です。ぶれない軸を持ち続けるという事は、私の「ごうじょっぱり」な性格が、助けになりました。それと・・・目指すべき「お手本」が無かった事です。その上、それでも「試させてくれた方々」が居て、実際に「契約」をしてくれたお客様が出来るまでの日々を、得意技(事務作業)で繋いで来られたからに他なりません(笑)

効果の大きい分野です

苦戦した分野だからこそ、知識の反復も沢山しました。というよりも、それまで(試験を受ける段階)の私には、まだ未経験の事の多い分野でした。それでも人様の「人生設計図」に関わらせていただくと、実際には避けて通れない分野で、しかもここの「対策」いかんによっては、大きく「効果の差」が現れてくるのです。誰しも関わりの有る、「不動産」「相続」の分野なのに「総合プロデューサー」の役割を果たせる専門家は居ません。お客様の意向を汲みながら、お客様の「やりたい事」に近づけていく為には、同じパターンが全く無い中ででは有りますが、多くの成功事例が出来始めたのは、その「専門家」どおしの「繋ぎ役」が出来ているからなんだろーーーナ

自分で自分の役割を、専門家どおしを繋ぐ「総合プロデューサー」だなんて、かっこ良く呼んでみて、妙に納得しています(笑)

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く