ライフスタイル

私が「怖がられる」理由は

それは・・・ズバリ「的を得過ぎた質問」をするから

しかも・・・質問される相手の「思いもよらない質問」だから

どーーーーも、アタフタとさせるようです(笑)

その後、アタフタさせながらも

「息つく暇」の無いような

「愚の根」も出ないような

質問をするからです。

 

ところが、相手をよぉーーーーく観察してみると
どーーーも相手にとっては

「そのあたり」に「本音」があるようなのです。

そして、相手には「それが自身の本音」だとは

思ってもみなかったからのようです。

 

優しそうに見えるから、傍まで寄ってみると
かなりのスピードでど真ん中の直球が、飛んで来る

しかも1000本ノックのように(笑)

 

 

 

 

特に、すぐ傍で居るアラン秀俊さんには、よく言われます(苦笑)

あなたの質問の姿を、傍で見て居る時には「とても小気味良い」

だけど、その「鋭いホコ先」を、自分に向けられると・・・タジタジする。

ごもっともなコトだけに・・・勘弁して欲しいんだよネ

 

 

えっ えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

 

 

 

そんな都合の良いコトなの(苦笑)

そう言えば・・・子供の頃、両親の「会話」にも、よくあったナ

母の言うコトには「筋」が通っていて
父は、それに「まぁそんな固い事言わずに」と、切り返しておりました(笑)

その二人のDNAが「良い具合」にミックスされているのが私

しかも、母親に育てられたので、母親寄りでは有ります。

まぁーーー厳しいお方でネ(私の母親)

自分の出来るコトは、出来て当たり前

「褒め育て」などという「言葉」は、母の中には、存在しません(苦笑)

ただ・・・・子供の頃から
良く言われてた「どこに行っても、困らないように」が口癖で
本当に、それはお陰さまで、困ったコトは、ありません(笑)

母親の目線の基本は

 

「子供を困らせない」ですからネ

 

 

 

IMG_5311

私は瀬戸内の、ゆったりとした気候に育まれました。

環境にも、時代背景にも、周りにも「恵まれて」育ちました。

嫁がなければ、子供を産まなければ、今日の「私」には成りませんでした。

まったくの「別環境」が

 

アレレ? 何で?? どーして???  どーすれば良い???

 

を、生み出し、育てたからです。

 

 

 

 

久しぶりの母との時間は

IMG_5312

IMG_5313

IMG_5314

IMG_5315

ゆっくりと食べる「ランチ」

さて、このお代は、どちらが払ったでしょう???

親孝行の「仕方」も、人それぞれ(笑)

IMG_5317

私を身護る「景色」は、いつも穏やかで雄大です。

 

 

 

 

厳しさの中にも「愛情」を持ち

大きく育つ「人」の身護り隊で有り続けたい!

そんな「起業家育成母」で、有り続けたい!!

 

 

 

私に言われ無くても、顔出して「写しなさい」と言ってた
お茶目なお方です。

私は、母を越えてはいきません。
母の背中を追い続けます。

昭和7年11月3日生まれの、84歳(かな)
まだまだ、何をさせても、私より早くて達者です。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く