ライフスタイル

私の中の正義感

中々、大人しく出来ません。というのも性格なので・・・す。悪しからず!!
普通のおばぁちゃんぽくしていますが、結構はっきりとした「自分持ってる」のです。という私は「 主体性が高い」のです。「白」「黒」はっきりしていたい!!
長所としては

  • 意思が強い
  • 自らの判断で責任持って行動する
  • 自分の心に素直
  • 本質的である

短所としては

  • 取り繕えない
  • 人目を気にしない
  • 自己主張が強い
  • 深入りしてしまう

と、何ともトホホな時の有る私です。が、今更変えようとは思わず(苦笑)
このまんまの私で、許していただける方々との無理の無いお付き合いを、しながら 残された人生を暮して行こうと決めています。本当に、ワガママです。

私の正義は、私の正義であって、それが全て正しいわけではありません。

ただ・・・私自身が、それをそうだと思えない事は、絶対にやりたく無いのです。我を張ってしまいガチな所は、アラン秀俊さんと暮しながら、息子達を育てながら、色々と頭をぶつけて学習を繰り返しました。「理解」と「協力」を求めて、色々と表現方法を見つけながら四苦八苦した時代が、私自身の成長の時期でも有りました。そろそろ還暦過ぎて、折り返しの時間を迎えられたので、見事に折り返しながら、周りの役に立てる生き方の為に、私自身を活かしてみようとすると、やはり私の「主体性」を重視して生きようと思うのです。

やりたい事をやれるだけ

私自身の許容の度合いは、私が一番良く知っています。その上、いくら私にアドバイスを受けたいと思って来ていただいても、私の言ってる事が理解出来ても、その人がそれをそうだ!!と思い、そのように行動しないと、実現はしません。そして、他の「何か」や、他の「誰か」の影響も有って、中々上手く事は進みません。そんな時には、「何」に「どこに」「どのように」問題が有るのか、進まない問題点を見つけて、解決に近づけて行きます。が、それさえも遅々として進まず、進まない事に、イライラしたりガタガタしたら、問題解決なんて絶対に無理なのです。そもそも、その問題は私の問題ではなくて、目の前のあなたの問題なのですからネ

仕事に情熱をささげていたい、けれども、命まではかけられない

結婚当時、小さな事で悩んでいると、アラン秀俊さんが言いました「命まではとられんヨ」って、その言葉に、何度も救われていましたが、長男を産んで三日目に、長男に「死」を感じた時(それからも何度も)からでも、お陰様で長男は40歳を迎えてくれて、家族を創って二人の孫の父親として、日々社会にもまれて暮らしています。私の考えたとおりでは有りませんが、私の「正義感」と、アラン秀俊さんの「正義感」は、しっかりと受け継がれています。それはあくまでも「感覚」です。

永田陽子が全ての表現ではあります。嘘も隠しも出来なくて、まっすぐ前に進む事しか出来ません。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く