ライフスタイル

私自身が一番成長出来たなぁー

人を育ててるつもりでいました。
ところが、そうじゃなくて、私自身が色々な経験を積ませていただき、私自身が成長した時間でした。
起業して一番の「たからもの」が「自分自身の成長」しかも「シニア」と呼ばれるお年頃になってから

何とも、遅ればせながらの「気付き」ではありますが、とても大切な事を沢山いただけた時間でした。

だからこその「生涯現役」なのです。
こんなに沢山の「気付き」の中で「役に立つ事」を提案出来、提案が実践していただけて、しかも「法制度」の改正にも対応出来てて、幅広い「業種」「業態」の方々の成長の傍らに居られるなんて、起業前のドキドキが嘘のようです(笑)

それなりに継続は出来ていますが、変化への対応には「柔軟」な「視点」を持ち、「変化」の波に飲み込まれてしまわない「発想」が要ります。←まだ対応できてると思っていますが、お客様の方が先に気付くようになると、それが「お終い」の合図です。

大きな変化の波が来ているからこそ

柔軟でありたいと思います。
過去に起こった事を、再復習しておけるようにも、心や頭を穏やかに保っていたいと思います。
そして、その波が「想定外」の事でも、受け流せるだけの柔らかさを、持ち合わせていたいとも思います。
その為の「備え」としての「身軽さ」も要ると思います。

本当に沢山の「モノゴト」の「整理整頓」をしておく必要もあります。

アレコレソレと、日々「私自身に問いかけるように」、この波を感じ取るだけの「余力の時間」を創るように、心がけています。と言いつつ・・・新しい事への対応力という「備え」の為に、ジタバタします(笑)

これで良いは、既に遅いよー

生きてる間中、アレコレソレと動きながらも、ワクワクしていたいのです。
その為にも、日々「ストレッチ」です(笑)

命の選択(洗濯)ジャブじゃぶジャブとしながら、柔軟な心と思考を施行(試行) しこうしてこー

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く