ライフスタイル

私自身を閉じ込めたく無いなぁ



うん、私、そうそう我慢が出来ないんだよねぇーーー
ただ・・・それを言わないと気が済まないとか、それをやらないと気が治まらないんじゃなくってねー
どうにもならないと思う事からは、遠のいていたいと思うのです。

お仕事でも、プライベートでも、ついぞそういう風にふるまってしまいます。

沢山の中でワシャワシャとするのが・・・苦手なのです。

大人になって、色々な所に出かけていく度に、私自身のそういう「癖」を見せつけては、トホホも多かったのですが、それはそれと「開き直り」にも近い心境で、気の許せる方々とのお付き合いだけという、幅の狭さの中で暮らす事を決めてみたら・・・案外と、心地よく過ごせるんだなぁーを知る事ができました。今頃になって(笑)

私自身を知る為に、色々と経験したんだろーーナ

良い意味でねー 私は私を「良いな」って思いながら暮らしていけるんだよー って、私自身を癒してあげられるようになったら、とても「勇気と元気」が沸いてくる「気」を感じていられるようになりました。

ただ・・・ちょっとした無理にも身体は敏感に反応してくれるので、そこには最大の「意識」を置いてあげる事も心がけられるようになりました。

自分で自分を認めて許す。という簡単に思える行為が、中々出来なくて居た頃に、今の私を見せてあげると喜ぶんだろーーナと思います。
言いたい事を言ってしまって、相手を傷つけてしまうくらいなら、そーーーっと避けておこう・・・は、そのまんまです(笑) それをナチュラルって言うのかしら(笑)
ちなみに、ナチュラル (natural) は、本来は”自然の”や”天然の”など、人の手が入っていないありのままの状態を表す英語の形容詞である。

無理が出来なくなって、無理はしなくて良いんだを知った

そう、まだ命があって、お仕事もさせて貰えて、色々と好きを周りにいっぱいにして、良い気の中で心地よく暮らせているって、何よりの贅沢な暮らしなんだよねぇー
って、しみじみ思うわー

手の届くところで全てに恵まれていて、何の不自由も不足も無くってねー
それなのに・・・頑張っていたんだよねー
そしたら、痛みを感じなくなっていたんだよねー きっと

身体も心もガチガチに硬くて・・・それが、ここのところの二年半近くに、色々とメンテナンスをしていたら、痛みの元が出て来て、アララこんなに痛かったんだーーと感じられるようになり、同じ姿勢を続けるのが、結構きついのも知って・・・今更ながらに、柔軟さ取り戻している事を実感しています。やれやれ

メンテナンスをしながら生きる

メンテナンスって「維持」「持続」「保守」「保全」などの意味をもつ言葉です。
ギリギリセーフではありましたが、また間に合って、メンテナンスを心がける事で、身体も心も面白いほどに「柔軟性」を取り戻してくれています。

たまに再生の為にするメンテナンス、アリアリだなを痛感しています。
べっぴんさんで生き続けようっと(笑)

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く