ライフスタイル

私達のオリジナルのおもてなし

私達には、息子が二人います。
ただ・・・残念ながら、私達の息子を私達の後継者には、しません。
きっと・・・
以前には、ほんの少し、そんな風に考えた事は有ります。
が・・・中々上手くいきません。
そして、事業後継者を育てている方々を、事業後継者として努めている方々を
尊敬しています。


私達の仕事は
過去の私達の経験の蓄積があって出来ている事。
そして、それを後継という容で出来たり
弟子という容で出来たりはしない。

そう考えてからは、特に強く
お客様方を、後継や弟子の容で、育てさせていただこう!
と、強く考えるようになりました。


少しだけ、言葉の意味

後継=あとをつぐこと。あとつぎ。

弟子=教えを受ける人。

と、考えてみると・・・ピッタリするのが「お客様」という、なんとも失礼なお話しですネ

特に私の仕事は、人生設計を考えて、その人(お客様)の人生に寄り添う仕事です。
ただの「テクニック」だけで、終わりはしません。
それに、人其々「同じ様に」は、創れません。
「平均値」という「目安」は、有りますが・・・そんな「値」に振り回されて
自身の人生を、右往左往は出来ないし、したくない。
そういう風に考えるので
「お客様の人生設計図」=ライフプランに寄り添う仕事は
それぞれのオリジナルで有るように、に基づきます。


随分と・・・思いあがった考えだナと
このように考えるまでには、とても悩みました。

が、そもそも「す=寿 お=生 な=永」の社名を決めた時から

そして二度、アラン秀俊さんが倒れてからは

日々をしっかりと「今」に軸足を置いて過ごす事に決めて

だからこそ余計に「お客様をお育てする事」に専念しよう!
と、強く強く思い、仕事=永田秀俊&陽子の事にしています。


そんな、私達の事に
賛同していただけた方とだけ、繫がる!

と、考えられるようになってから

無理なく、仕事を楽しめるようになりました。

と、心の底から思えるようになりました。

 

仕合せは、めぐりあわせ

秀俊と陽子もめぐり合わせ

お客様ともめぐり合わせ

私達の周りとのめぐり合わせが、永く続く事を考え

精一杯に生きられる為に

私達のやってきた「経験」の全てを活かして

お客様を、後継者に弟子に育てるを貫きます。

 

 

と、決めて「今を大切にして」生きています。
それからでも周りの「変化」もありますし
本当に色々なコトがあるのが「人生」です。
そんな中で「自分」を保ちながら、周りとの「バランス」をとって
日々、仕事をして生きています。
自分自身を労わりながら・・・

だからこそ、「今、私達は元気です!」を
周りの方々にお知らせする為に
こうして、ブログを書いています。

特に、めずらしいコトでも、面白そうでも無いコト
その上、プロとしての為になるコトでも、無い事をです。

ただ
私達の経験に裏打ちされた「事実」には、嘘も間違いも無く
「今」の私達の生き様を創ってくれています。
そんな私達の日々が
年齢を重ねても、こんな風に生きていたいナ
こんな生き方がしていたいナ
と、感じていただける方々に
賛同していただける方々とだけ
という、小さな小さなコミュニティーの中で
ゆるやかな繋がりを、大切にしていたいのです。

大きくて、強いのは・・・ちょっと苦手です。

人生の残りの時間が少なくなってきた「今」の私達です。
それが良いと言っていただけるお方が
今日も、奈良サロンに「合宿」に来て下さいます。

私達の「おもてなし」は
アラン秀俊さんの「食」と
私の「人生設計の講座」です。

他では出来ない、私達のオリジナルです。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く