ライフスタイル

私達やっぱり「人」が好き

福禄寿ギフトで扱う「乾麺そーめん」での、冷製パスタアラン風

好きな人と好きな事をしながら、丁寧に暮らす。
って、難しい事なのかなぁ?
「寺子屋すおな」をやってみよう!! と思い、お手紙とSNSを介して伝えてみたら、好きな人が、わざわざ「足」を運んで来てくれた。
アラン秀俊さん、三日間のメニューの「中心」は、そんなに変えず、それでも「細かい」所は、来て下さるお方を観ながら、変えて「オリジナル」に近づけて、喜んでいただけました。

大きくよりも、きちんとちゃんと

私達ふたりの口癖です(笑) きちんやる、ちゃんとやる、これも癖です(笑)
身に沁みついた「癖」を、良い方に使っています。はい! 雑に扱われたく無い私達二人は、雑な扱いも出来ずに、一々細かい所に「気」を配りながら、来て下さる方々への「おもてなし」を考えて、それを喜びに代えて暮らす。が、実現出来ました。ちっちゃな事でも、それを喜びに代える事が出来るのは、二人で居るから出来ます。一人で何もかも出来る程の、力は持ち合わせません。が、工夫は出来ます。

生きてる「今の時代」も好き

便利で恵まれた時代に、何の不自由も無く暮せています。
それが「当たり前」にならずに、「有難い」と感じる事が出来、一緒になって「面白いねー」「楽しいねー」と言っていられる「方々」と、同じ「空間」に居てそれを「楽しんで」生きていられる。それには、やはり「美味しい物」が要ります(笑)←過ぎには気をつけないとねー(糖尿病患者の私が言います)
一緒に過ごす「場所」を準備して、お待ちしています。

色々な選択があって、それを許される有難い時代に、生きています。仕合せに生きましょうねー

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く