ライフスタイル

秋は、美味しいモノが沢山採れて、良いわぁ


同じ時期に、同じように採れる「旬のモノ」は、身体に「元気」をくれる!!
そして、とっても「美味しい」、その美味しいモノを美味しくいただく。それだけで「仕合せ」になれます。

そして、沢山採れるから、お値打ちに手に入る。
ただ・・・沢山過ぎると、手に余るようになり、粗雑に扱われてしまいます。
私達二人とも「もったいない星人」、もったいなくて、粗雑に扱われたり、廃棄されてしまうモノには、せっかくの価値も無くしてしまいそうで、心が痛みます。

そんな悲しい事が少なくなるように、少しの工夫はします。
それが「手」を加える事で、無くなるならば、に「手」を染めています(笑)

秋になったら、と待ち構えていた「ジャム子ちゃん」創り

ルバーブ・ローゼル・イチジク・梨に続いて、ほおずきです。
その間で、栗を沢山もらったので、栗きんとんも作りました。
そしたら・・・なんとっ今度は、またまたちょっとだけ別の道具にも、興味を持ちだしました(笑)

アラン秀俊さんのArans Cafe より進化させて、色々な「美味しいモノ」を創り出す「食の研究所」としてのArans Laboになりつつあります(笑)

いずれにしても、年齢を重ねているので、無理なく楽しみながら出来れば良いなぁという事で、お道具ゲットしました。皆様ご期待くださいねー
「美味しいモノ」が創り出せて、美味しく食べられて、周りの方々にも喜んでもらえるんですから、冥利に尽きますねー

お家時間が増えた分だけ、お家で美味しく食べられるが大切よネ

私達が子供の頃は、今のように簡単に調理できなかったので、一々手作りでした。私は、母や伯母や祖母の傍で、料理の手伝いをしながら身に付けました。
もちろん、学校での調理実習でも学びました。

アラン秀俊さんは、新鮮な野菜がすぐ傍で育つのを観て育っていました。ので、美味しさは知っていました。が、男子が故に、料理の現場には居ませんでした。
それが、美味しいモノを食べる事は大好きですから、私に促されて「趣味の領域」に手を染めるようになっていきました。←しめしめ(笑)

それが、功を奏して、今のように色々と料理の出来る人になり、周りに喜んでいただけるので、更に磨きがかかりました。中々のものです。

次は、何に取り掛かろうとしているのかなぁ

楽しみで仕方ありません(笑)
私自身も、アシスタントを務めながら、お味見役と、ご相伴役は出来ますし、美味しいモノは、大好きですからねー

奈良サロンの構想は、どんどん良い方向に広がってくれています。
ただ・・・外から観て「何屋さん???」は、まだ良く解らなくてです(笑)
私達二人も「何者???」です(爆笑) せっかく作った「看板」出すのも忘れるし

本気だせーーーと言われそうですが、私達は大いに本気です。
ただ、何屋という姿を現せない程の「すおな屋」なだけです(笑)
「すおな」はまだまだ成長します!!

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く