ライフスタイル

経営の現場に居続ける

生地をこねる機械です。さすがに業務用の威力は凄い
続いて、自家製カスタードクリームの製作です。
プリン造りはお得意のアラン秀俊さん、じっと見てられずに、率先して参加します。

大袈裟な言い方ですが、私達の居場所は「現場」です。引退は、お客様が決めてくださる!!  アラン秀俊さんも私も、世間では「シニア」と言われる世代です。そして、「リタイヤー」とか言われる言葉がちらつきます。が、必要とされている事を「誇り」にして、日々自分自身を大切に暮らしながら、私達に出来る事を出来るだけ「精神」で、日々「笑顔」を守れるように暮らします。
それには、私達がお客様の為に出来る事←これが色々あり過ぎて、解りにくい

私自身は、とても単純だと思う

出来る事は出来る。出来ない事は出来ない。
知ってる事は知ってる。知らない事は知らない。
有る物は有る。無い物は無い。 いたって単純&明快です。
ただし・・・・・ここからが「わがままシニア」の私達ならではの「面白味」
好き&嫌いの分かれ目が、キッパリ、ハッキリ(笑) しかも態度に表れてしまう。
これは、世間的には「大人としてはアウト」です。それを許してくれる方々と「繋がって生きたい!!」という、私達の親世代←時代の大きな変革のるつぼだった「戦争体験者」が、私達には「苦しまない生き方」をさせてくれたお蔭で、苦労知らずです。ならば、「苦労する道」を選ばない!! を、選択して歩む姿に、「安心」して頂くのが「礼儀」だと信じて、その道を行く!!

いつも傍らでタイミングを計る

お客様方には、見守るというよりも、見張るかもしれないゾと思う事が多いです(笑) 事が上手く運ぶには「タイミングを計っていないといけません」精一杯、日々の事業展開に精を出している家族経営の事業者さん達にとって、事の全てを上手く運ぶのは、至難の業です。それを、ほんの少しの「距離」を置きながらも、様子見をしているのが、私の「役目」です。厳しい「鬼トレーナー」です。

子育てもしながら事業の現場をやりこなし、会計や家計も守っている方々を応援します。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く