ライフスタイル

絶対に無理なコトと、少しの無理の狭間で、大きく「差」がつくコト

B63B625D-E62C-43D3-BAC8-4D268BECD7A4誰かが「旗振り」してくれないと、絶対に無理なコトあります。

 

 

[言いだしっぺ」は要ります。
色々な意味で、ぼんやりと考えているだけでは・・・コトは起こりません。
そうしている内に時間が過ぎてしまいます。

同窓会がきっかけで、集まるようになりました。

そこには、少しの無理はしてでも、参加していようと思います。

有り難いコトに、少しの無理で参加できるのですから

アラン秀俊さんが最初に倒れた時に「痛感」しました。
「その瞬間」は、何ともあっけなく訪れるからです。

「やり残し」「思い残し」は、何だかとても「切ない」からネ

 

大した人でも無いのに「要らんお世話」と「余計なお世話」の狭間で
「お世話焼きの心」が揺れ動くのです。きっと

それでも、それが出来るなら、やっていたいとも思いながら生きています。

子供の頃から
何をするにも、少しの無理をしていたかったのでしょうネ
(焦るのは、嫌ですけど)

それをするコトで、少しの達成感を味わいながら
成長してこられるコトを知っているので
やって来られた。

 

 

 

結婚して姓が変わっても「陽子」は変わりません。

そこのコミュニティーでは、きっとずっと「陽子」のまんまです。

大人になって、ちょっと「引きこもりの時間」が有って
「様子見」は出来るようになったけど
「基本の陽子」は、実は変わらないようです。
(人はそんなに簡単には、変われません)

 

表面面は、随分変わったけど「面影」は変わりません。

そんなコミュニティーに、参加して思うコト

「またねー」といって分かれる時に、笑顔で別れられるのは
何より有難い!!
懐かしさとともに「昔話」が出来てる「今」が、とても嬉しい。

同じ時代背景を、別の暮らし方をしてきた人達だけど
昔の記憶は、簡単に打取り寄せられる。
それでも、ジーーーーっとそこには居坐っていない。
白髪混ざりで、笑顔にもシワが刻まれている。
だけど、変わらぬ面影。

お仕事も出来て、昔懐かしいコミュニティーにも定期的に参加できて
良い思いを重ねられている「贅沢な時」を選択できています。
全ては、自分自身の選択では有りますが
それを許されている、有難い「今」です。

働くコトは、役にたてるコトは、仕合せを繋げるコト

 

 

 

 

60歳過ぎの、おっさん&おばさん
だからこそ、出来るコトや出来ないコト
色々とやってみると、楽しい・・・ヨ
きっと、まだまだ沢山有るヨ

誰かが「言い出してくれたから」始まったコミュニティー
誰かが「声をかけてくれるから」続いているコミュニティー

中々、やれないコトを、やり始めてくれたから
出来てるんだわーーー
地元や地域のコミュニティー
「言いだしっぺ」の存在は、有難いぞーーーーー

私は、そこでは「何が出来るか」
先ずは参加
「言いだしっぺ」に敬意を表して

 

 

それにしても、あの子の「顔」が観られて良かった

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く