ライフスタイル

自分のペースって???

一緒に暮らし始めると・・・相手の亊が見えてくる。
学生時代に知り合って、そんなに時間無く卒業して、神戸と岡山の遠距離でのお付き合い
それから1年8カ月で結婚して、ドタバタのまんまの44年

私自身の生き方のペース配分など出来ないまんま・・・家族のお世話に明け暮れた日々が、その半分。
資格取得を目指しながら、今の仕事の基礎を造っていた約2年、起業して、そろそろ18年

とてつもなく沢山の時間を共有して来た、アラン秀俊さんとの暮らしです。
それでも・・・まだまだ「アウンの呼吸」なんて・・・程遠い(笑)
だから、お互いに「切磋琢磨」していられる「同志」で居られるのかもしれない(笑)

視点の違いが、良きを生むし、悪しきも生む

別々の生き物が、一緒に暮らす。その上、事業を共有しながら・・・暮らす。
思っていた以上に、大変な事も多くて・・・
それでも、ぶつかり合いながら、はじき合いながら、まだまだ続けていたい!! と、思えるのは
やはり「相手の存在」が、大きくて、「独りは嫌だ」と感じているからに過ぎません。

お互いに大病をしたけれど、労わり合う姿には・・・きっとなれない(笑)
私達二人にとっては、切磋琢磨がお似合ねー

ちなみに、切磋琢磨って、学問・道徳に、励みに励むこと。また、仲間同士互いに励まし合って向上することです。慣れ合いもしません!!←かなり、きっぱり!!←ここは・・・きっと、私だけの「胸の内」

今回、アラン秀俊さんが選んだのは「猫と鼠」
どんな景色になるのか、楽しみ

全くの真逆の二人が、寄り添う姿は・・・

たぶん、無理です。あぁーーーここには、絶対がついてしまいます(笑)
それが、刺激になっての私達二人の暮らし方でもあります。

そうです、役割分担がはっきりとしているのです。
その「差」を、付かず離れずで距離を取りながら暮らして居られるのは、何よりの「仕合せ」なのです。

ビジネス視点では「お客様への寄り添い」を全面に保てていますが、暮らし方では、基本的に「自立と自律」が心地好いと感じていられる私達二人なのです。


包み隠さず、お互いが、相手にしっかりと目を向けていたいのは、家族愛だと信じています。

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く