ライフスタイル

自分の足で歩ける、自分の行きたい所に行けるって凄いワ

あの時の一週間は、ベットの上だけの自由でした。

それでも、生きている感に満たされていました。沢山の人にお世話になりながら
人の手を借りないと、何も出来ませんでした。

 

 

今でも怖い

退院してから、何とか二ヶ月と十日ほどです。
自分で自分を試しています。
出来なくなったコトと、少しずつ出来るようになるコトの、境目を見極めるように
日々、私自身を監視しています。

数値の確認もしながら、体調に意識を置いて過ごしています。

ただ、やはりちょっと「過ぎる」は、ひかえないと、後でどっと疲れます。

無理をしないってコトが、少し解るようになりました(苦笑)
ひょっとして、今の状態が年齢相応なのカモねって、自分で自分を慰めたりもします。

疲れて眠る時、不思議なくらいにぐっすりと眠れています。

起業してからこれまでの年月は、気になるコトが有れば、あまりぐっすりとは眠れずにいました。
たぶん、あの時がピークと思える時には、作業も捗らず、眠れずの悪循環でした。
が、生来の負けず嫌いは、それも押し退けて、踏んばって居られました。

今回、それは幻想だゾ
現実は、年齢を重ねて、体力も落ちて、無理な踏んばりは出来なくなったんだゾーーー
を突き付けられてしまいました。

だから、辛かった日々を再現するのは、やっぱり怖い。

 

養生するって

衛生をまもり健康の増進に心がけること。また、病気をなおすように努めること。らしいです。

養う(やしなう) 生きるが「養生」ならば
私は私を「養いながら生きる」に専念していくコトが
私の存在を認めてくれている方々への、恩返しになると信じて

私自身の「健康に留意して、日々を暮らしていくコト」
そして、それを日々発信していくコト

「為に成る記事」を書くコトよりも、これまで以上に「私の養生日記」を綴るコトになります。

 

 

ブログは日記

私に興味の無いお方は、こんな私の記事など見向きもしてくれません。
って、とてもとても当たり前のコト

私も、興味の有るコトと無いコトには、とてつも無く差がありますから

日々の私の養生など、どうでも良いわ~~というお方は、そもそもコレを読んではくれません。
それでも、こうして書き綴られるのは、見に来てくれるお方が居るから、居ると信じていられるからです。

私、今更ながらに思います。
私の仕事は、コツコツとした「数字」の変化を観て取りながらも、お客様が望まれる「未来を創る傍らを務めるコト」です。
そんなコツコツとした、小さくても丁寧なお付き合いをする私の日々が、雑では、誰にも信頼などいただけません。

私の仕事は「育成」だと豪語するならば
先ずは私自身が、私の日々を丁寧に重ねて生きているのを伝えられ無いとネ
日々こうして、綴られてるって、生きてる証です。

退院の日に見あげた空と、今日の空では、季節の変化も有って、全く違います。
日々のコツコツとした小さな積重ねとして、私の「養生」と「育成」をお伝えできます。

楽しみコトを目の前にぶら下げて、足元も観ながら、空を眺めて歩いているって
凄いわーーーと、感動してます。

ちっちゃくても良いよネと、少しだけ負けず嫌いの私に、私を許してあげてます。

日が沈んでしまった帰り道は、シャトルバスのお世話になりました(無理しません)

まだ、面白がる元気は残っています(笑)

 

毎日が楽しみだわぁ

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く