ライフスタイル

自分を安くは観られたく無いなら、自分の価値を伝えないとダメよ!!

伝えるよりも「伝わる」の方が正しいかなぁ そう、伝わらないのは無いのと同じ!!  その言葉の意味を掘り下げて、実践続けた日々です。ただ・・・初めて聞いた時には、ハンマーで頭を殴られたような刺激が有りました。意味が解らずに、右往左往した日々の連続でした。それが、少しずつ、少しずつ「身体」のどこかに浸みわたるようになり始めたら、とてもとても面白くなり始めて、実験の連続です。それは、正しく日々が「現場」の小さな小さな「事業者」の私だからです。現場から遠ざかって暮せない!! は、逆に「遠ざかれる為に」を考える「基」にも成りました。与えられた「使命」を全うしながらも、日々を楽しんで居られるのには「何をするの???」「何が出来るの???」が、基本です。

その為の第一歩に、自分は何者を考えた

だってネ ただでさえ怪しい「お金の専門家」なんて肩書きでしょ??? 目に視えるる「商品」は「自分自身の相談スキル」なんですよっ そう、実ははっきりと「目に視えない商品」です。しかも、「相談」だけで終れば、それでお終いなのです。「実行援助」と言いながら「金融商品」を売れば、その売れた商品からの「手数料」がいただけます。が、私自身が「金融商品を売らない!!」を決めて、売れるだけの資格を持ちながらも、あえて「売らない!!」を決めたのは、「売り手の口実」を言わない為にです。「相談料」だけをいただく「お金」に決めて、自分で自分の「立場」を「崖っぷち」に追い込み、伝わり難くしてしまいました。その分、大変でしたが、面白かったです。

社会に出てからの学び、しかも自分自身を伝える為の学びは、面白い

面白がってだけでは済まされず、生きて行くには「衣・食・住」を賄う「お金」が要ります。その「要るお金の確保」は「出来る事」の提供です。私の出来る事=得意でお金に換え易い事は、現場の事務作業です。「計理事務」「総務事務」「営業事務」と、元々が「事務員」として「社長」に仕えて来たスキルが、私の「支え」にもなってくれました。私が「経営者」を「お客様」にしようと決めたのは、自分自身の「得意」を「お金」に換えて、自分の「生活の安定」を「優先」して、その上「学ぶ為の費用」もプラスで稼げたからです。自分自身の「生活の安定」が出来無くて「お客様の生活設計」なんて、おかしいでしょ??? なので、先ずは「要るお金」はいくら?を試算して、要るお金の確保をしながら「学び」を深めて行きました。誰にも遠慮せずに「時間」と「お金」を、自分の為に使えた面白い時期でした。「自営業者」として、しっかりと「自立」出来て来たなぁ~~~を実感出来てた時期でも有りました。

ところが、それも過ぎると、バランスを崩す

のが、昨年末の救急搬送による、入院&手術&通院生活です。トホホでは有りますが、まだ生きています。し、お客様からは「期待」をしていただけてます。なんて恵まれた、有難い人生なんだろうーーーと思うと、大切にしていくモノゴトがまたまた「明確」に成り始めます。いちいち思い知らされています(苦笑)
それでも、私が存在するには、その存在意義をしっかりと見据えて、誰かを喜ばせる為に、そして、それが自分自身の喜びに繫がる為にを、何度も何度も「やり直し」「繰り返し」「存続し続ける為にどうするか」を、まだまだ学ぶ時間を与えられたんだぁぁぁと、喜んで暮していきます。

そんな私と一緒に学びませんか? 秋になって過ごし易くなったら「講座」を始めますネ お楽しみにぃ 奈良サロン&豊田スタジオ開催予定

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く