ライフスタイル

自分自身を労わるコトが、周りにやさしくなれる近道

ここ数年、専門家に「身体」を委ねています。

使い方の「癖」があり
頑張り屋の「癖」もあります。

「このぐらい」と、少しの「無理」も繰り返します。

でも・・・それは、それで
私をプロと信じて、私に「お金」を払って下さる方々に
失礼をしてしまうのでは???

と、思いはじめ
(きっかけは、アラン秀俊さんが、一度目に倒れてから)

それからは専門家に「身体」のメンテナンスをしてもらいます。

 

 

人生の「豊かさ」の「基本」は
「心」と「身体」と「お金」の

バランスがとれているコトだと
提唱している私です。

 

 

「お金」に関しては、私がプロ(笑)
(特に、家計と事業の「お金」に関しては、自信を持っております)

「心」に関しては
時々、静かな「時間」を持ち、静かな「場所」に行き
自分自身の「心」に向き合います。

というコトで、抜け落ち気味なのが「身体」なのです。

幸い、親から授けてもらった「身体」は、すこぶる頑丈(笑)
結婚して40年間、病に伏せる
なぁ~~~~んて、言葉は遠い存在でした。

 

とは言え・・・それは、過信であるかもしれません。

 

軽めの運動は、移動の多さ(笑)
都会の移動は、結構の運動かもぉ

 

 

という事で、自分自身の身体は、専門家に委ねるコトに決めています。

と・・・・前置き長く

 

 

昨日は諸々の期限付き作業の間に
「理学療法士」のされてる「肩コリバイバイサロン」に行きました。

 

 

私の過去の経験で「理学療法士」という方とのお付き合いは
父の亡くなる前に「歩き出しの、最初の一歩」が出せなかった時に
週に数回、お願いして来ていただいていた時に
すぐ傍で、その様子を見ていたコトだけです。

 

 

施術していただいてる時間は
父のコトを思い出しながら、とても良い気持でした。

そして、施術後は、背中がとても軽くなりました。

特に、激しいコトをするでも無く
固くなった身体が、すぅ~~~~~っと、ほぐれていきました。

 

 

色々な専門家に、私自身の身体を委ねているのも

永くお仕事を続けて行くには、何より大切なコトだと思います。

病院にお世話になる前に
自分自身の身体を労わる
出来る限り「薬」のお世話にならない身体創り

今の私にとっては、何より大切にしていたいコトです。

 

16708753_974478482682977_5164117801194532327_n

施術前の私の不気味笑顔に、ちょぃと緊張気味の彼女の横顔(笑)

 

実は・・・施術をしてくれた方
「よーこさん」「射手座」「A型」
同じ匂い(笑)
彼女の成長は、すごく楽しみです。
が・・・今は、彼女が育む「もうひとつの命」が、楽しみ。

私の周りに、楽しみコトが溢れています。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く