ライフスタイル

自然の中で居ると、心も身体も緩やかになる

お天気の良い日に、少し汗ばむくらいに歩き、立ち止まり風を受けていると、心が穏やかになります。
その上、心拍数もあがり、それを感じていると「生きてる」って思います。
何も出来ずに「CCU」のベッドの上で、病院の白い天井を眺めた時間の、あの感覚は徐々に薄れては来ますが、私の人生の中では「次は無いぞ!!」と、決めている「最重要案件」です。

そんな身体でも、期待してくれるお客様との、かけがえのない時間が有る事は、事業者としての「最大の喜び」を感じています。だからこそ、この究極の時間を暮らす為に、無駄と思える事はしたく無い!!←かなり強引です。強情者です。

それでもですよーー 朝の散歩で見つけた景色に思う事

奈良で見かける「果樹園」の有るお庭

やはり圧巻です。その為のお世話にかける手間を考えてみるだけでも、「実」をつけるまでの「労力」←人にも木にも必要です。「実」を「収穫」するには、とてつもない「力」が要るんだなぁーと、「果物好き」にとっては、頭が下がります。

私自身のジタバタで自業自得な出来事を起こした時に、「自業自得」という文字では、何となくですが、「自分の頑張りが自分の得」に映りガチですが、実のところの使い方では「自分でした(悪い)事のむくいを自分の身に受けること。」です。だからこそ、「他の努力が自分を助けてくれる」「実を結ぶまでの果てしない営み」を考えての「実を取る」と考えてみようと思います。

という意味でも、「裏を返して考える」という「余裕」は要るものだと、つくづく思います。
手っ取り早い「方法」には、何かしらの「隠れた影の力」を考えてみる事が要るんだと、朝の散歩(三歩)からも、自然の中に居ても、感じ取る事は出来ます。

少しばかりの「余裕」を見つけては、「深呼吸」しましょ

日々の喧騒に追われてしまっていては、そんな余裕さえも見つけられません!!
だからこそ、あえてそういう「時間」を創ってみる事、私の場合は「特に気を付けていないと」と、自分自身に言い聞かせながら、思考&休息&ゆっくりの歩みで、日々を暮らしていこうと思います。

ちっちゃな「奈良サロンの庭」を綺麗にしながら、空を見上げて感じて見た事です。
今更ながらの、自分自身への「戒め&ご褒美」を大切にして暮らします。

戸建ての二階から、ゆっくりとしか降りられ無くて、ゆっくりとしか上がれ無い私を、ちょっぴり労わって思った事

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く