ライフスタイル

誠実で在り続ける為に、出来る事



大きく「期待」されても、足がすくんでしまいます。中々な小心者で、大それた事などとは、ほど遠い生き方しかしていないからです。
誠実で在り続けたい!! 私が私に真面目でいたい!!

ちなみに「誠実」とは、まじめで真心がある事

つまり、そう言う事です。やっぱり「面白味」には、欠けるんだろーーーナ

誠実な人であり続けるのは、簡単

「誠実」とは真面目に人と向き合い、誠心誠意を込めて接する様子です。年齢・性別などその人を構成する要素とは関係なく、同じように対応します。

付き合うことでメリットのある人だけでなく、誰に対しても同じように振る舞うのが誠実な人の特徴です。「先輩の仕事は率先して手伝うけれど後輩には仕事を押し付ける」など、相手によって行動が変わる場合は誠実とはいえません。特定の人から評価されているからといって、必ずしも誠実な人ではないのです。多くの人から「あの人は誠実だ」と評されている場合は、信頼に足るかもしれません。

という状態で生きられたのは、周りに護られているからに過ぎません。
私自身が、大きく広い世界に出ていないので、そういう私の「個性」を大切にして来られたのだと思います。
特に、私の扱う「数字」は、嘘をつきませんし、扱いを間違えると、別の答えを導き出してくれるので、解り易いのです。よーするに「単純」なのです(笑)

その方が生き易いから、そうしているだけ


それは、きっと生まれ持っての性格でもあり、周りの環境によっても、培われ続けて来られたからなのです。その分、まっすぐ過ぎて「頑固者」でもある訳です(笑) そして、ちょっと残念なのは、お付き合いの巾が狭くて、沢山の人と関わるのが苦手です。だからこそ、アラン秀俊さんと夫婦でいるのです。ご近所や周りとの距離の取り方が、とても上手なのです。

二人の役割分担も、上手くかみ合っています(笑)←ここは、世間並みの夫婦と逆模様です。

恵まれた人生を暮らせているのは、私自身が周りに護られているからです。子供の頃から、特に「足りない」を感じる事無く暮らせていて、結婚してからは、あまりにも環境が違って、驚く事は多かったけれど、「足りない」を感じた事は、無かったのです。よーするに、基準が小さいのです。

基準が小さいのは、良い事なのかもしれません(笑) 基準のものさし、見直してみませんか?

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く