ライフスタイル

誰の傍に居たいのか、誰が傍に居たら安心なのか

長い長い歴史の刻まれたお道具

世の中のコト知らなすぎるんだなぁ~~~
それでも生きて来られたんだなぁ~~~
そんな私が出来る事って、一体何なんだろーなぁ~~~
ここ数年、多くの「相続」と「不動産」と「事業承継」に絡んだ案件に取り組んでいます。

お金にまつわるアレコレに関わるには、事業家の傍ら

そう決めて、長く事業家に関わってきました。そうしたら、必ず起こる「相続」です。家族や親族の「死」や、「お世話」から、切り離した「生活」は在りえません。そして、事業を営んでいるから、それを「他人の手に委ねきる」には、その少し手前で起こる「一緒に暮らす」という日々の生活を、「人生設計図」の中に盛り込んでおく必要が在ります。

元気で暮らして居られる時には、考えられなくても

いつも、どこかに心に止めて置く必要が在ります。「事業承継」も同じ、いえそれ以上に「切実」な「世代交代の在る、家族の見送り方」です。
家族が故の「心」の在り方が、とても大切になって来るのです。
日本人の「情の深さ」が、良かったり悪かったり絡んで来るからです。

正解は無いから難しい、だからこその相談業務

先ずは、私自身の知識と経験に裏付けられた「話」を、目の前の方にお伝えします。それをご自身に「置き換えて考えられる人」を、相談業務の対象にさせていただきます。←だからこそ、継続して考えられる方限定、もしくは紹介のみの方限定なのです。

色々な金融機関の作られたパンフレットを手にします

これには、一般的な事が書いてあります

それで解る方には、私は不要です。一般的な事で片付く方には、私への相談は生まれてきません。適格に「深堀り」が出来て初めて「相談業務」からの「実行援助」が始まります。
資格取得した頃とは、比べ物に成らない程の「相談の量」を繰り返して来て「質の向上」が出来はじめ、色々な「遠回りな質問」をして来て「無駄」に思えるような「時間」を費やして来て、やっとたどり着いた「今」のやり方です。
そして、話の進め方如何によって「結果」に大きく「差」が付くのも、一生のうちにはそんなにめったに遭遇しない「相続」「不動産」「事業承継」だからこその「指針」を決めての「先導」と「見守り」になります。

長い長い人生のステージの変化に、寄添い人に選ばれる光栄を感じる日々です。今の仕事していて、良かったぁを日々感じて過ごせています。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く