ライフスタイル

贅沢三昧って・・・ありよねぇ(笑)

私は、とっても恵まれています。
ちいさな仕合せが「粒々」で、私の周りで「キラキラ」しながら、私を護ってくれているの知ってます。でも・・・それでも、涙が出てきます。←感情の起伏大きいです。

ただ、流石にお仕事モードの時は、冷静さを保つようにはしていますヨ

その冷静さを保っていられるように、諸々の「実験」を積み重ねて、私なりのデータ収集には余念がありません!! 「数字把握の為の作業」もその一環ですし、「過去のデータ」は、その人の「生き様」そのものでもあります(笑)
「生き方の癖」が、そのまんまデータに表されて、残ります。
(こっそりと・・・生活習慣病の私の、スリーサイズもね)

贅沢って、そもそも何???

実際の生活が必要とする以上の、分に過ぎた消費。ですってーーー
とか、必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。また、そのさま。

わぁぁぁぁぁ そのまんまだぁぁぁ

私は、子供の頃から「配る」のが好き(笑)
伯母から、母に言われた言葉「この子はバカなの? 手元に有るモノ全部周りに配って、自分の分が無くなっても、ヘラヘラしてる」って(笑)
結婚してから、内職して貯めた「お金」で祖母にプレゼントした時、祖母から母に厳しいお達し「大盤振る舞いをしそうだから、身のほどの弁えを教えたのか?  」等々、金銭感覚というより「モノへの執着の無さ」に、呆れられていた、すぐ近くの先輩身内に、母はいつも、私を信じてくれていました。←実は、とってもシビアに現実を見せてくれていたし、今の私の「金銭感覚」は、紛れも無く、母からの伝授です(笑)

私の中での「贅沢」の基準は、心の「豊かさ」です!!

そして、それには「上限」がありません。
そして、その「縛り」を決めるのは、自分自身の「心」です。
私の「心」は、いつも上向きなのです。仕合せを感じられる「心」が、上を向いているのです。

「お金」は要るだけあれば良い!!

そう「要るお金」は、実はそんなに沢山では無いのよぉ
多くの方が「勘違い」をしているの「欲しいお金」と「要るお金」のね(笑)

そして「モノ」が多すぎると、収拾がかつないのです。
日々の暮らしには「モノ」は、好きなモノに囲まれている事が大前提で
こちらも「要るモノ」だけで(笑)←ここは、戦争戦後で「モノ」の無い経験をした母からの伝授は、聞きません(笑)
私は、私の「好き」に囲まれていたいのです。←これが何よりの「贅沢」

好きに囲まれた日々は、とっても贅沢

居心地の良い「空間」に「好き」をちりばめて暮らす、今の私の生活、その上「それを可能にする為のお金」は、お客様から頂ける。
「老齢年金受給権」も有りますが、今は「特定のお客様」から「お仕事」をさせていただいた「対価のお金」をいただけてるので「老齢年金は繰り下げ中」です。不特定多数の「お若い方々」から頂けるのは、少し先延ばしです。

私は、とても恵まれた国で、恵まれた暮らし方が出来ています。
先人の努力と、お若い方々の努力に囲まれているのです。
努力をする前に、そうした方々の努力の上に成り立っている事を、知っていたいと思っています。

社会の仕組を知って、その上に成り立つ私達である事を、理解した上で、今の恵まれた状況に感謝しましょーねー

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く