ライフスタイル

起こす時より、眠らせるのが大変です。

人の生死も、会社の生死も同じです。創る時は、色々なエネルギーに満ち溢れていますが、無くなる時には、切なさと空しさと情けなさの交錯した気持の中に、しばし佇む事になります。人の死は、突然やって来るので、中々受け入れがたい事でも有りますが、会社の清算に関しては、予め決めて、道筋をたどる事も出来るので、精神的なダメージは少ないと思います。手続を進めながら、心も晴らして行くのには、時間と手間はかかります。

先ずは、宣言。続いて、届け出。

会社を閉じる「集会」をして、その事を「法務局」に「解散登記」をします。その「解散」の登記の証明を添付して、税務署&県税&市税への届けを出して、税金の申告書を作成します。続いて、納税です。ここまでは、それまでの「決算申告」と同じです。その後、色々な手続を経て、清算結了が出来たら、また同じように、税務署&県税&市税への届けを出して、税金の申告書を作成します。続いて、納税 。それで、完全に眠りにつかせてあげられます。

私の会社を、私自身の手で眠りにつかせます

合同会社ハッピーキャリアプロダクション、平成25年9月4日設立でした。令和1年8月31日第六期を終えて、すぐに解散登記をしました。登記は9月13日です。税務署&県税&市税への届けも済ませました。税理士先生にも依頼しました。11月半ばには、清算結了登記も済ませられそうです。 救急搬送からほぼ一年、色々と悩みながら、私自身の身体とも相談しながら、事をやっとここまで運んで来られました。あっと言う間の一年でした。それでも、私の心は安定しています。

十六年前の起業当時は、アラン秀俊さんのお客様だけでした

それが有難い事に、私のお客様と一緒に、株式会社すおなに合流します。十六年前の不安はゼロで、同じ志のままで進んで行かれます。大きな節目を越えて、確実に前進出来たようです。破壊と創造を繰り返しながらも、ほんの少しだけ、前進出来た事に、心は安定しています。身体は、元通りに成りませんが、精神の安定を得られた事は、未来が明るく迎えてくれているようで、嬉しいです。

一歩一歩、もう少しだけ丁寧に、私の会社を眠りにつかせながらも、未来に続く日々を暮らします。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く