ライフスタイル

長く続けていられるには、足腰しっかりと柔軟にしよーっと

急いでやった事は、それなりにしか「結果」を残せません!! ←ここ、かなりきっぱりと
元々「並」な私達二人には、丁寧に積み上げた亊の中でしか、暮らしが出来ない「不器用さ」もあって、その中で「出来るようになった亊」でしか無いのです。ゴミやほこりは無い方が良い!!、それなりに「ゴミやほこり」を少なくするように「工夫」して暮らすと、大した騒ぎにもならない亊知っています。←ここ、生活の「知恵」として、身につけて来た事なのです。

フラフラするのが「苦手」なだけです。←「心根」の亊です。

長く培って来たからこそ、出来るようになった亊なだけです。その上で「世の中の変化」には、柔軟な生き様をしてきただけです。それを更に磨き続けて生きていきます。ちょっとしたSDGSの一環でもあると、信じています。

適度という「度合い」を持とうよー

人其々の「ものさし」があって、それはたとえ「夫婦」と言えども違います。もちろん「親子」であっても、違います。その「差」が有る事を知った上で、相手との「差」を、どう「理解」して、どう「扱うか」を、しっかりと「身につけておく事」←これが、「礼儀作法」の基本になると思っています。

まずは、自分を知る事、その上で「周り」との潤滑な暮らしが出来ると思います。←そう、信じています。頑固者の意見かもしれません。

清潔感のある、誠実な生き方を続けていける為に、自分自身の「適度」を見極める亊が、何よりも大切です。

地域というコミュニティーの中で、逸脱しないけれど、自分達を見失わない為に、色々「学び続けて生きたい」と思っています。それに選んだのが「奈良」で、元々二人が「知り合った場所」なのです。

日々の暮らし方の「基本の気」は「和」

特に、秀でた事がある訳ではありません。それだからこそ「秀俊」という名前を付けてもらいました(笑)「陽子」もそうです(笑)
親からもらった「名前」に恥ずかしくない暮らし方をして生きていこうと、二人で決めているだけです。

知合ってからだと46年が過ぎ、結婚してから44年、未だ出來ていないからこそ、それに向けて日々精進しています。

そして、それを楽しんでいるだけです。

日々の暮らしを楽しんでいられながらも、「周りといつまでも続く仕合せ」を目指しています。

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く