ライフスタイル

静かな寝息が聞こえる処で、眠りにつきたい

色々な意味で、色々な心配をして過ごした時間・・・きっと、その心配は「余計な心配」でした。
だって、まだ「寝息」が聞こえているのだから(笑)

ただただ一緒に居たかっただけの時からは、信じられない程の多くの時間を過して来た。
もちろん、お互いの「親」と過ごした時間の倍以上の時間を、一緒に過ごして来た。

なのに・・・まだまだ、アレコレソレと悩みは尽きない(笑)
きっと・・・ほとんどが「余計な事」なのに・・・

この先は、一緒に居た時間を超える事の無い時間を過すしかないのに・・・「余計な事」を考えたり、過ごしたりするのは「嫌だ!!」そう考えると、今の私達にとっての時間の概念が、大元に「根を下ろし始めた」
やっと、やっとねーーー

欲しいより要るに、重きを置けるようになった・・・ナ

相手との「距離感」が、着かず離れずを見ながら過ごした44年の月日です。
出来る限りは、その「距離感」が心地よいまんまで居たいのです。
「安心しておける距離感」って、実は簡単なはずなのに・・・中々出来ない。
いつも、それが「ネック」になって、ギクシャクモメモメするのは、図り方や図られ方の「差」があって、それが些細な事で、違和感を生み出すのです。

呆れかえるほどの、どーーでも良いような事にです。 いい歳してねー

「仲良しですね」と言われると「目指しています」と応えるし
「良いカップル」と言われると「不気味な笑い」を見せてしまいます。
決して「すなお」な受け答えでは無いのに・・・嘘がつけなくて、ある意味「すなお」なのかもしれません。

本当の優しさって、何だろう???

相手を敬う事だと信じています。少なくとも私はねー
ただ・・・昭和28年生まれの、厳格な家で育ったアラン秀俊さんには、他からの「目」を意識するからこその「男尊女卑」の考えが根っこにある地域で育った事が、大きく影響をしていて、私に対する「扱い」が、「敬う」には近づけないのだと思います。それが・・・我儘者の私には、癇に障ることも多いのです。

一緒に暮らす前に、そのあたりの事が、それなりの「理解」も出来ていないまんまの、カン違いスタートでした。

それでも粘り強く生きてこられたのには、やはり「息子達の笑顔」や、「成長の楽しみ」があったからです。
ただ、息子達を育てている時には、今ほどの「余裕」も無くて、一々派手に「試行錯誤」を繰り返していたように思います。しかも・・・たぶん、私の「独り相撲」でです(苦笑)

そんな私の察しが良過ぎは、「直観力がとても高い」という性格的性質を有しています。

直観力がとても高い人の長所

  • 抽象的な事柄の本質を掴む
  • 機転が利く
  • 勘が鋭い

直観力がとても高い人の短所

  • 興味の対象が変わりやすい
  • 話が飛躍する
  • 先回りして考えてしまう

何不自由のない暮らし、それが、当たり前になってしまっているのです。
とても、とても有難い事なのにねー

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く