ライフスタイル

面白がる事と、はしゃぐ事の「差」を知る事からが、人付き合いの「作法」になるんだろうなぁ

常に相手の「痛み」と「喜び」を感じていられるには、やはり「弁え」を知る事だろーーナと思う。
弁えとは、物事の違いを見分けること。 道理をよく知っていること。が「根っこ」に、どっしりと座っていてねー 相手を観る手前で、自分を観ています。
大切な方々とのお付き合いの作法を考える時、勘違いをしそうになるので、気を付けています。特に「お互いに入り込めば込むほど」に、弁えが無いと、息苦しさや、堅苦しさを覚えます。それには、普段からその「心得」が無いと、どこかで「痛い」思いをします(苦笑)

相手の了解の上で、好きで固める

ドーーーダー
身体を動かすのが好きだけでは、管理人となれず・・・パソコン作業もあります(笑)

事の「きっかけ」は、私の身体のメンテナンスの為に「ストレッチ」について教わる事でした(笑)
私は、日々半端ないパソコン作業を抱え、その上での「面談」をしています。身体を動かす為の時間は、進んで取らないと「衰退」しか無くなります。ただでさえも「固く縮こまりガチ」な身体は、更に縮こまります(苦笑)
とは言え、苦手の克服には、みんなで「おつきあい」のスタイル(笑)

固い
余裕なフリしてるうちに、遅れてる ふぅぅぅ
企画した私への手造りプレゼントです。

放置されずに救われるには

先生から「永田さんにつき合うよー」って言っていただけた事でした。
しばらく通ったストレッチのお蔭で、少しずつですが「身体の使い方の癖」からの「痛み」から、救われ始めていました。←痛みがあると、中々自分から進んで「動きたく無くなります」、動かさないと、更に悪くなります。そして、固まります。から起こる事は、動かせなくなる。という「グルグル負のスパイラル」です(苦笑) そして私は、「身体は加齢によって仕方ない」との「諦め」も加わり、自助努力からは避けて通っていました。

それでも、やっぱり「ジタバタ」していたい!! そんな私に「おつきあい」してくれる方々と一緒に、「筋膜を整えるストレッチ」を学びました。

次回までの「宿題」と共に

偉そうに、活き方の柔軟性を説く私です(笑)
自分自身の身体の衰えを、少しでも遅らせる為に、先生からいただいた「宿題」を「日課」に入れての自助努力をします。身体を鍛えるのでは無くて、身体の柔らかさを創り出すのです。一時間弱でしたが、確実に結果は出せました。基本動作を教わり、日々のほんの少しの時間を、鍛える事では無くて、緩める事に費やすのです。
ふぅぅ 前置きばかりですが

誰かぁーーー 私の自分で出来る筋膜ストレッチに、お付き合いいただけませんかぁ 一緒に頭も身体もしなやかになりませんかぁ

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く