ライフスタイル

魅力的であるには

はっと目が止まる。ハッと息を飲む。そう言った「大胆さ」は要るだろーーーなぁと、思っていた時は有ります。が、それも日常そんな事ばかりだと、人生そのものがジェットコースターに乗っている時ばかりな感じで、どうも落ち着きません。と、思うのは私です。いえいえ、それに関してはアラン秀俊さんも同感しているハズです。
だって「どうして私を選んだの?」の質問に「無難だから」の答えを返したお方ですもの(苦笑) そう、知り合った当初から、私達は「日常」を大切に暮していたい!!と、望んでいた「平らな人種」なのです。

相手を観ていられる

お客様と会う時間が好きです。お客様と話す時間が大好きです。もちろん、お客様からも好かれていたいし、望まれていたいし、何なら、お客様から褒められたら、有頂天になってしまう私達です。起業当時には、そんな余裕など有るはずも無く、右往左往して、ジタバタの繰り返しでした。が、少しずつ「距離」が縮まって、少しずつお互いの中の「平穏な心持ちで居られる時間」が増えていき、観ていて「安定感」を感じていられる。そんな存在になっていられる。なのに、提供出来るサービスには「相手からの期待に、迅速に的確に応えられる」そんな風に成れるように、日々、お客様との関わりを持ち続けていられる「関係性の構築」に心を配れる人で有りたいです。

SNSのお陰で、それが容易に出来るようになった

本当に便利な時代になりました。双方向の関係性の構築が容易です。ただ、お客様だけの「特別」な関係性は、実際に会う事でしか構築出来ません。その為には準備をしています。おしつけにならないように、心を配れるような「機会」も創ります。「ご褒美」も創ります。私達(正確にはアラン秀俊さん)の「ジャム子」は、見事に「その役割」を果たしてくれるようになりつつあります。少しずつですがお互いの「笑顔」の創生を繫いでくれる「きっかけ」に、なってくれています。そして、それ以上の「効果」も産み出し初めてくれるようになりました。

おしつけにならず、重過ぎない為に

良い関係性を保てる為に、ほんの少しの「きっかけ」に成れるように、沢山は創れませんが、アラン秀俊さんの「心」をギューーっと詰め込んだ「ジャム子の配達」(理想は手渡し)には、色々な工夫をします。それでも、自分の演出にも心を配ります。カッコ良く魅せたい、モテたいも「人の常」「人の情」私達は「人」ですから

夏の艶やかさを見つけました。モテジイ目指して買いました。
お客様のお家に上がり込み、しばし談笑。そして、お客様の自慢の手造り味噌いただける。
そろそろこんな時期、思いは詰め込んで暮していたいわーーー

人と人の間に暮らす。私達二人は人が好き

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く