ライフスタイル

「願を持ちましょう」って、相田みつおさんの言葉

願を持ちましょう
「願」と「欲望」とは根本的に違います。
わずかなお賽銭を挙げて、
それも年一回の初詣の時ぐらいで
「家内安全。商売繁盛
お金がいっぱいできますように!」
なんてね。
こういうのは個人的・私的な欲望です。
それをわたしは否定しません。
わたしも同じですから。
しかし、そういう私中心の欲望とは
まったく別に

○戦争など
絶対に起こりませんように!
○世の中が
どうか平和でありますように!
○山や海や河、
そして土、水、空気、自然が
人間の作る公害で、
これ以上汚れませんように!

と、心から念じたとき、
それを「願」といいます。
どんな小さな「願」でも
心ひそかに持ちつづけていると、
顔がよくなり、目の色が
深く澄んできます。
ひとりひとり自分に合った
「願」を持ちましょう
そして「一隅を照らす」人間に
なりたいものです。

昭和60年 秋 彼岸の中日
合掌 相田みつお


と・・・・引用からのスタートです。

今朝は、奈良サロンで朝を迎えました。

2年前の同じ日、同じ記事を、名古屋の大曽根サロンで書きました。


 

残念ながら・・・・その時につながりたい!と、切に思っていた人とは

つながりをもてなくなりました。

人生は「思いどおり」には、ならない事の連続です。


 

それでも、私たちは生きています。

私たちの「在り方」を考えながら、私たちなりのスタイルとスピードで
ゆったりと歩き続けて、生きていきます。

私たちに合った生き方でネ


 

過去に、辛くて辛くて仕方の無い時
なぜか「相田みつお展」に行き
涙が流れてとまりませんでした。

こらえても、こらえても泉のように湧き出す涙

そう、私は

涙が湧き出るという「感情」が有る「人」です。

私が「人」なら、私と関わってくれる方々も「人」

大切にされたいならば、先に大切にしよう!!

その時に「心」がけている事
やりすぎて「失礼」にならない事
なんせ、私たち「余計なお世話やり隊」ですから~~~(笑)

image

あっという間に、八月が終わりました。

九月のイベント、発表しないとーーーーー

スピードあっぷアップ

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く