ライフスタイル

それにしても、凄い人だわ~何のプロか解らんのに

またまた、ご依頼をいただけたようです。

奈良サロンで「桃のパスタ」の「料理教室」

しかも、ご依頼を下さった方が、ご一緒下さる方々も集めてくださって~~

って、夢のようなお話です。

ありがたぁ~~~~~い

 


 

40年前に、学生上がりで結婚する時は
「飲食業」がしたい!

と、言っていたのが、アラン秀俊さん

その人に「生活の基盤の為に」サラリーマンになっていただき
私や息子達との生活を、賄ってもらっていました。


 

秀俊22歳、陽子20歳の9月23日
私の幼馴染のH君に、学友のNちゃんを紹介した日
心斎橋パルコ(今は、その建物さえもありません)にあるスパニッシュレストランに行き
そこでアルバイトをしていた秀俊さんの休憩時間に
近くの喫茶店でコーヒーをご馳走になって、色々とおしゃべりしたのが始まり

親の庇護の元、アルバイトもせずに学生生活を送っている私にとって

親からの援助も受けず、自立していた秀俊さんの存在は

ピッカピカに輝く「光」にも感じられ

「この人しかいない」と思い込むに値するだけの人でした。
まぁ良くある「一目ぼれ」したのは、私なのでしょうネ

後日談(息子たちによる)「前しか見えない&勢いでしかない」のは

当時から変わりません(苦笑)
結婚に必要なのは「思い込みという勘違い」(笑)

この日から、結婚式までは2年2ヶ月

短いようで長い日々

過ぎてしまえば・・・こうして思い起こせて書き綴れるという事は

それはそれで幸せな日々だったのでしょう

飲食業をしたい!と言っていた秀俊さんに

サラリーマンになってもらったのに

大学卒業して勤めた保険会社も辞めてもらい

愛知県名古屋市にある、秀俊さんの親戚の会社に雇ってもらったのは

結婚の一ヶ月前、しかも・・・当初はアルバイト

雇ってもらった会社の二階に住み込み、二人ともアルバイト

遠く親元を離れての生活は、二人で暮らしていられる幸せだけでした。

ただ・・・現実の厳しさに気づくのには、そんなに時間はかかりませんでした。
勢いだけで・・・始まった事

後からよくよく考えると・・・こんなはずでは。。。

の多発(お互い様)

当たり前と言えば当たり前、育った環境が違いすぎる

という事は生活に対する「しきたり」の違いから始まり

諸々の違いが「現実」として襲い掛かって来る。

日々の生活という名の「現実」は・・・そんなに甘くは無かった。。。

やれやれなスタートの二人でした。

が・・・順風万番で無い事は

負けず嫌いの二人の切磋琢磨な日々を

これでもか、これでもかと

打たれても前を向いて歩く原動力にはなりました。


 

そして、それが「今」の私達を、創り出してくれました。

あの頃と今で、何も変わっていない事はあります。

それは、私達が関わる事で「笑顔」が作りだせるかどうか

という事を、行動を起こす前に、考える大切なポイントです。

 


アラン秀俊、ご依頼事は、直接こちらの携帯電話に連絡してください!

090-5005-6111

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く