ライフスタイル

命を繋ぐとは、本気で命と向き合えるか、どうかです。

あの瞬間は・・・思い出したくない。

そんな時に私は、何度も遭遇します。

しかも、大切な大切な人の「命」の淵に

アイキャッチの写真は、秀俊さんの「手」
濃くて長い生命線の持ち主です。

とても、二度も死の淵にたった人とは、思えません。


陽子さんは、強いネ

と、言われます。

強くなりました。鍛えてもらえました。
あまっちょろい夢ばかり、追っていますから

でも・・・できる事ならば、こんな風には、なりたくは無かった(苦笑)


 

 

しあわせで在りたい!

とは、思います。

そう在り続けたいとも、思っています。

私の生きるテーマは「家族」の在り方だと、信じています。

 

 


 

 

親に、護られていた頃
(商売をしている家だった)
毎日の「日銭」が入って来るので、「お金」が無くなるとは思っていなかった

いつも、天から舞い下りてくるような気持でした。

それでも、お店でお客様に「ありがとうございます」と言って
頭を下げている大人の姿は、いつも私のすぐ傍でした。

そして「家族団らん」は、私の育った家には有りませんでした。

いつも、他人さんとの生活でした。

父も母も、住み込みで働いてくれる人達を
とても大切にしていました。
私は、子どもの頃から
その人達のお世話をする、母の手伝いをして、働いていました。

働けば、動けば、誰かが喜ぶ事は、こうして身につけました。

 

 


 

 

今では、私自身に「お客様」が居て下さり

私が居る事を、喜んで下さります。

そして、私自身も、お客様に喜んでいただく事を、いつも考えています。

ただ、やはり仕合せとは、大変「曖昧」であって
皆それぞれに「大きさ」が違います。

その「大きさ」を、共通認識にする為に「数字」が有り
解り易くする「道具」として、人間があみだしました。

「時間」と「お金」は、正にその「道具」です。

私たちは、それをあみだした「知恵」を持つ人間です。

「道具」をあみだし、使いこなすのも、人間の英知

お客様方が
命を繫ぐ為に、必要な「道具」としての
「時間」や「お金」に振り回されない生き方の為に

 

私のこれまでの生き方が、有ったと思えば
私自身の人生が、輝かしくも誇らしくも有ります。

 

 

私が仕事をするテーマは、「命」を繫ぐ事

 

 

何度も、何度も、大切な家族の「命」の淵に立つ度に

私は、私の存在意義を、そう思い
粘り強く、生きております。

父が、亡くなる前に言いました。

可愛い人になりなさいって・・・・(苦笑)

 

14256381_1779550058987387_630394024_n

私が「数字」にまみれている頃
奈良の「布袋葵」が始めての「花」を咲かせました。と、秀俊さんが送ってくれました。

命を繫ぐのは、環境整備が大切と、合理主義的な考えが頭をもたげます(笑)

何もせずに、ボーーーーーっと過ごす事は・・・・でき無いので
無理せず、続けるられる事だけ、やります。

 

 

繫ぐ事は、繫がる事は、とっても上手になったからネ

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く